1. まとめトップ
  2. カラダ

口呼吸の人は要注意!「アデノイド顔貌(がんぼう)」とは?

口呼吸が引き起こす独特な顔つき「アデノイド顔貌(がんぼう)」についてまとめました。

更新日: 2013年06月16日

黒タイツさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
330 お気に入り 730970 view
お気に入り追加

そもそも、「アデノイド顔貌(がんぼう)」って何?

喉と鼻の奥にあるアデノイドが口呼吸をする事で肥大し、顔全体が歪んだりたるんでしまった顔の事をアデノイド顔貌と言います。アデノイドが肥大していなくても口呼吸をする事で同じような顔つきになるため、総じてアデノイド顔貌と呼ばれます。

アデノイド顔貌の特徴

出っ歯だろ?唇が分厚いだろ?鼻が低いだろ?めが細いだろ?口閉じると顎に梅干しみたいなシワがでるだろ?意識してても食ってるときくちゃくちゃいうだろ?猫背だろ?口内炎よくできるだろ?

当てはまりすぎててorz

アデノイド顔貌の人には、以下のような特徴があるとのことです。
(1)面長(おもなが)なお顔
(2)上あご、下あごの横幅が狭い。V字型をしている
(3)上あごの前歯が前突している
(4)上下の前歯のかみ合わせが浅い
(5)前歯の歯並びがでこぼこ
(6)唇がめくれて厚く、乾燥して荒れている
(7)鼻が小さく狭く、鼻翼が平坦で鼻孔が小さい
(8)上あごに対し下あごが後方位にある

口呼吸の人、当てはまる人も多いのでは?

アデノイド顔貌は、病気というわけではありませんが歯並びが悪くなったりするので
矯正の必要性も出てきます。

口呼吸はなぜ駄目なのか?

口で呼吸してしまうと、乾燥した冷たい空気が口から直接体内に取り込まれることで、口腔内・喉が乾燥し、細菌などや直接侵入、粘膜に炎症が起きてしまいます。
風邪などにもかかりやすくなりますし、口臭、歯周病、虫歯にもなりやすくなります。
高齢者では、睡眠時に口呼吸のために、口の細菌が肺に入り肺炎を起こすことがあります。鼻呼吸にすれば肺炎は激減します。

人間は、本来鼻で呼吸します。新生児は、鼻でしか呼吸できません。口呼吸が可能になるのは、生後しばらく経ってからです。鼻で呼吸する時、鼻から取り込まれた空気は、曲がりくねった鼻気道を通過しながら、①異物の除去(空気清浄機)、②温度の一定化(エアーコンディショナー)、③湿度の調整(加湿器)が行われ肺へ運ばれます。鼻で呼吸するということは、上記の3つの器械を通過した空気を体内に取り込むということなのです。一方、口で呼吸するということはもうすでにおわかりのことと思いますが、この3つの器械を通さない空気(冬であれば、空気中の埃や雑菌を含んだ、冷たい乾燥した空気です)を体内に取り込んでいるということになります。あまり身体によいことではありません。

鼻呼吸が人間にとっての自然な形なのですね。

口呼吸の改善方法

口呼吸を治すトレーニングとして、最も簡単なのは、無糖のガムを噛むことです。ガムを噛むと、扁桃リンパ輪(喉の奥にあるリンパ組織)の免疫器官がたいへん活性化します。また、しっかりと口を閉じて噛むことにより、顔面表情筋の力がアップし、寸足らずで開きっぱなしだった唇が、少しずつ閉じやすくなってきます。

子どもがTVゲームに熱中しているときは、ポカーンと口が開いています。大人でも何かに夢中になると、口ポカになる人を見かけます。

意識して閉じないとダメですね・・・

・口に医療用のテープを貼る
・睡眠中は口唇を逆ハの字にテープを貼る。
・鼻孔拡大装置を使う
・冬場はイソジンでうがいを心がける(鼻詰まりを防ぐため)
・おしゃぶりをする
・漢方薬などを飲むようにする

2週間も続けていれば効果が出るんだとか!!

こんなテープも売ってますよね。習慣が大事。

一番大事な改善法は「心がけ」

もちろん長年の癖は、矯正するのがとても大変です。
ですがそこですぐ器具や手術などに頼ろうとするより
まず一番大事なことは
「鼻呼吸をしよう」という心がけ、強い精神力です。

出典plima.jp

毎日の努力で、改善していきましょう!

1