1. まとめトップ

情熱の赤! レッドカラーの宝石まとめ

宝石に於いてかなり重要な位置づけになっている赤色の宝石。大体のジュエリーにおいて赤は価値高いとされています。ルビー以外にも魅力的な赤、一杯ありますよ!

更新日: 2015年01月05日

159 お気に入り 329974 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

rasineさん

●ルビー

やっぱり赤といえばまずルビーですね!
ビルマ産が名品と言われていますが、
透明度高くてスカっとしているアフリカのルビーも綺麗ですよ。

ルビーのイメージとは裏腹に、現実のルビーは結構赤紫っぽいのが多いです。
勿論、真赤に近い方が価値高いです。

ルビーの中でも最高に真紅とされている色をピジョンブラッドと呼びます。
若干黒い位に深い深い、真赤なルビーです。
しかも非加熱となるともうめっちゃくちゃ高いです。

タイ産のそれに準じるカラーはビーフブラッドと呼んでいるそうです(見た事無いですけど…。多分まだブランド化の途中なのでしょう)

ピジョンブラッドと鑑別書がついている場合と、店でその色だからと呼んでいる場合とあります。
ネットショッピングだと鑑別書付を選んだ方が無難でしょう。

●スタールビー

出典aonuma.jp

スター効果が出るルビー。
スターは色々な宝石の中でも出にくい方で、この写真みたいに見えてればかなりしっかり見えてる!という感じです。
色の濃さとスターの濃さは反比例する傾向にある中、
しかも色は赤紫系が多いので、このルースは見事としか言えない超一級品ですね。

●ルベライト

正式には「ルベライトトルマリン」
つまりトルマリンです。
ルビーみたいな、という語源から「ルベライト」と呼ばれています。
ちょっとルビーの偽物みたいな扱いで悲しい所です…。
赤紫、ちょっとピンク系の赤みたいなのが多く、
ルビーより大粒が取れやすいので華やかな感じです。

●レッドスピネル

ルビーと間違われていた石その2。
ルビーよりクリアーで真赤な色、ネオン感あるパキっとした赤が非常に美しいので、ルビーにこだわらないのであれば是非ともレッドスピネルも候補に入れてほしい所です。

●ガーネット

ルビーの次に有名なレッドストーンと言えばガーネットかな?と思います。
暗赤褐色系で、深みある大人っぽいレッドが綺麗ですね。

●ロードライトガーネット

ガーネットの中でも薔薇色と言われるガーネットがこちら。
大人っぽいですね。

●スペサタイト(スペサルタイト)ガーネット

オレンジがかった赤なのがスペサタイトガーネット。
ガーネットはかなりカラーバリエ豊富なんです。

●レッドベリル

別名レッドエメラルド。
エメラルドと同じ鉱石です。
もう採掘してない稀少石です。
原子構造も似ていますのでエメラルドと同じくエメラルドカットにされている事が多いです。
ルビーよりコクがある感じ…?

ものすごく高いのですが、ぱっとみ、ルビーと見分けがつきづらい、コレクターズジュエリーです。

真赤なものはとても綺麗ですが、個人的には同じ値段で真赤なルビーだったらもっと大きい物買えそうと思ってしまいます…。

●赤珊瑚

意外と高価なんです赤サンゴ。
実際に見てみればとってもオーラがあるので納得物。

ピジョンブラッドと同じように、真赤なものは「血赤珊瑚」と呼ばれてとっても高額です。(鑑別書にはのりません)

●ブラックオパール

オーストラリアでしか取れない稀少オパール。
特徴はそのプレイオブカラー(遊色)と呼ばれる色斑なんですが、赤が出ているものが特に価値高いです。


でも、赤が無いから価値がない、という事は全くないです。好みの色合いが出ているもので選んじゃっていいと思います。
筆者も孔雀の羽根みたいなカラーリングの、青紫系のが好きです。

赤は派手すぎるというか、すごくお金持ちの人じゃないと貫録無くて似合わないと思います。

●アレキサンドライト

稀少石、アレキサンドライト。
光源で色が変わります(写真みたいな劇的な輝きはほぼないですけど)
日常の光や蛍光灯下ではピーコックグリーン。
オレンジがかった白熱灯下では赤味を帯びます。

1 2