1. まとめトップ

【動画】【バスケ】NBAに学ぶバスケットボールのドリブル コンビネーション編

NBAに学ぶドリブルスキルコンビネーション編です。基礎編以上に実践的なものや、複合技を中心に紹介していきます。それぞれの技のほとんどは基礎編にまとめてありますのでそちらもごらんください。

更新日: 2013年06月17日

100 お気に入り 161482 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

kiddvedさん

前回作ったドリブルスキルの基礎編からダイブ時間が経ちましたが、コンビネーション編のまとめを作ってみました。
基礎編ではそれぞれの技を別々にまとめてありますので、このまとめの中でわからないスキルがあれば基礎編を見ればわかると思います。

では、ここからドリブルスキルを紹介していきます。
こちらのまとめは随時更新していきたいと思っています。

Kyrie Irving

0:10くらいからのプレーを見てください。
相手を完全に振り切る動きが最高ですね。

上のプレーのスローリプレイです。
低い姿勢でのレグスルーを繰り返した後、ビハインドザバック、インアンドアウトのフェイクから
クロスオーバーし、最後はバックステップで相手から距離をとってのジャンプシュート。
最高です。

John Wall Cross Over から ビハインドザバック

鋭いクロスオーバーでディフェンスに方向付けをさせておいて、そこから逆方向にビハインドザバックで切り返しています。特に二つ目の動きが鋭いのでディフェンスが付いていけてないですね。

Curry Combo

※2013年6月更新
Stephen Curry (Golden State)のシグネチャームーブ、カレーコンボ。(においそうですね)
クロスオーバー、ビハインド・ザ・バックからのフローターシュート。
既にスーパープレーを連発しているカリーですが、これからも要チェックです。

レッグスルーからクロスオーバーしてさらにレッグスルーからのビハインドザバック。
レッグスルーのときに左側に相手を意識させるのがポイントですね。

変則レッグスルー Chris Paul

正面から後ろへのレッグスルー。逆に後ろから前へのレッグスルーも速攻では効果的です。

EURO STEP 〜ユーロステップ〜

これはもはやドリブルスキルというよりはレイアップまでの足の運び方ですね。
ラップアラウンド(ビハインドザバック)から、フィニッシュの際の2歩をまっすぐとるのではなく、
相手を迂回するようなステップのことを言います。
まっすぐとる2歩と比べてパワーには劣るのですが、相手を交わしてシュートを打てます。
ただ、さらにヘルプが来ている場合には向きません。

ヘジテーション→クロスオーバー→スピン

トニーパーカーの得意技の一つ、スピンムーブ。
マークマンをヘジテーションからのクロスオーバーで抜き去ってそのままの推進力でヘルプに来た
ディフェンスをスピンで抜き去っています。

スピンムーブの代名詞と言ってもいいウェイドもついでにどうぞ。

Wadeのスピンムーブ集。これは難しいスキルなのでコンビネーション編に入れています。

ここまで見ていただいてありがとうございました。
色々マネをしたり、組み合わせを考えたりすると楽しいのでぜひ参考にしてみてください。
繰り返しになりますが、このまとめはいい動きを見つけたら更新します。

関連まとめ

1