1. まとめトップ
  2. カラダ

寝ているときに『足がつる』のは体からのサイン!?

寝ているときに突然足が痛くて目が覚めてしまうことってないでしょうか?とっても痛いですよね。実は体に異変が出ている可能性も。。。

更新日: 2015年04月19日

taiyo-7188さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
762 お気に入り 3551093 view
お気に入り追加

▼夜中に足がつる

夜中、寝ているときに突然足がつって目が覚めたり、朝起きたときもまだ痛みが残っていることがありませんか?

疲れた筋肉は、通常はゆるむものですが、過度の刺激を受けると強く収縮し、足がつる原因となります。

「足がつる」という症状は、突然足の筋肉が強い痛みとともに収縮・痙攣するもので、別名「こむら返り」

▼原因

疲労やミネラルの不足

夜中に足がつるのは、多くは筋肉の疲労によるものです

食物からバランスよく栄養を摂取することで、体内のイオンバランスを保っていますが、ダイエットや偏食によって栄養が偏ると、このイオンバランスが崩れます

夜中に足がつる原因は、筋肉疲労、水分不足、カルシウムやマグネシウムなどの電解質のバランスがぐずれることなどが挙げられます

にがりやバナナを食べるのがいいみたいです。

マグネシウムはポカリスエットとかに入ってましたね

汗をかくことによって体内のミネラル分が不足してしまったり、水分が不足して筋肉が十分な代謝を行えなくなると、神経が異常な興奮状態になり筋肉が痙攣を起こす可能性が高くなります

中高年を過ぎると筋肉の力や持久力が衰えてくるため、特に運動をしなくても日常生活での疲れが積み重なって足がつることもあります

足の血液不足

足がつるということは、足に血液がいかないために、「ふくらはぎ」が、けいれんしてしまっている状態なんです。つまり、足の血液不足

寝ているときには、心臓から遠くにある

「ふくらはぎ」まで血液を送りにくい状態

夜中に寝ているとき、毎晩のように足がつる…これは、心臓が弱っている証拠なんです。心臓が弱っている、だから、「ふくらはぎ」まで血液が届かずに、足がつりやすいということなんです

こういう場合は注意が・・・

注意が必要なのは、脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)や椎間板ヘルニアなどの症状の一つとしておこったり、脳梗塞や脳腫瘍、糖尿病などの内分泌疾患などがあって足がつることもあることです

症状が頻繁におこる場合には、整形外科や神経内科または糖尿病に詳しい内科などで原因を調べてもらうとよいでしょう

生活習慣を変えていないのに、ここ数年足をつる頻度が増えてる場合は消化力の低下、特にタンパク質の消化、吸収が悪くなっていることが

高齢者や妊婦さん

高齢者や妊婦さんは発症の確率が上がると言われています。特に妊娠後期には約半数の方が経験する症状なため、注意が必要

妊娠後期(妊娠8ヶ月ぐらい)に入ると、成長した胎児によって妊婦の骨盤は内側から押し広げられて、骨盤のゆるみが生じます。骨盤のゆるみが生じると、足の筋肉は引き伸ばされる状態が続きます。この状態に対して、ふくらはぎの筋肉は元に戻ろうと急激に収縮するのでこむら返りが起きる

お腹の赤ちゃんが大きくなると同時に体重が増え、足の筋肉に負担がかかるためと言われています。お腹が大きくなるとそれだけ下半身に負荷がかかり、血流を悪くして足がつってしまう

▼つってしまったら

○伸ばす

ふくらはぎがつったときは、つったほうの足先を手でつかんで足裏が反るように顔の方にゆっくりと引きつけましょう。こうすることで、収縮したふくらはぎの筋肉を伸ばすことができます

1 2





taiyo-7188さん

生活の中でのためになる話、美容、健康などについてまとめていきたいと思ってます。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう