1. まとめトップ

美も健康も「腸」から!”腸活”で美肌・ダイエットを目指す!

腸を整えることは、美肌のほか、ダイエットや病気予防など、女性に嬉しい効果がいっぱいあります。みなさんも、今日から腸内環境を整える「腸活」を初めて見ませんか?

更新日: 2013年06月17日

121 お気に入り 48976 view
お気に入り追加

腸の働きとは?

腸は食べ物の消化や栄養を助けてくれる器官です。

腸は食べ物の消化や吸収、老廃物排出、解毒、ビタミン合成など、血液を作るための働きなどがあります。

代謝や免疫にも深い関わりがあります。

腸は私達が口にした食べ物を吸収する大切な器官で、腸内には100兆から400兆の細菌が存在し、それらが腸内環境を作り出しています。

「腸内環境」悪化のデメリット

腸の状態が悪いと便秘や肌荒れ、免疫力低下などを引き起こします。
その結果、美容や健康に悪影響を与えるのです。

食べ物を摂取しても、栄養が体全体に行き渡らなくなります。

サプリメントなどの栄養も同様で、健康のために摂取していても、上手に効果があらわれなくなります。

腸の働きが弱くなると、血液がドロドロになり、全身にうまく血液がめぐりません。

血行が悪くなると、肌荒れなど、体全体に悪い影響を与えてしまいます。

たとえ若くてもストレスによって腸のバランスが乱れることが有り、その結果鬱や過敏性腸症群を引き起こす方が増えています。

腸内には「善玉菌」と「悪玉菌」の2種類が存在するが、その2つの菌のバランスが崩れると、健康の被害を与えます。

バランスの理想は、善玉菌8に対し、悪玉菌が2とされています。

腸内閑居湯の悪化は栄養吸収力・不要物排出力の悪化のみならず、悪玉菌から発生する有害部室によって、肌荒れや免疫力の低下、大腸ガンなどの病気リスクを引き起こします。

腸内を整えるメリット

腸を整えると、便秘知らずの体になり、美容・健康共にアップです!

免疫力がアップし、病気予防・アレルギー緩和などの効果を与えてくれます。

栄養吸収力もアップします。

腸の蠕動運動が活発化するので、排泄がスムーズになり、便秘の予防になります。

肌荒れの原因である悪玉菌が減り、腸内の善玉菌とのバランスが整えられると、美肌になることができます。

食物繊維を食べて腸をキレイに!

腸内環境を整えるのにいいとされる「食物繊維」。
バランスよく摂取しましょう。

水溶性食物繊維

水に溶けやすい食物繊維。便が排出しやすくなったり、血糖値上昇などの効果がある。

●水溶性食物繊維を多く含む食材
押麦、大麦めん、オートミール、全粒粉、ライ麦、きんかん、アボカド、うずら豆、インゲン豆、そらまめ、あずき、納豆、テンペ、さつまいも、なめこ、甘栗、アーティチョーク、えだまめ、オクラ、ごぼう、千切り大根、茎にんにく、ふきのとう、芽キャベツ、にんじん、モロヘイヤ、海藻など

参考:http://allabout.co.jp/gm/gc/301338/

不溶性食物繊維

水に溶けにくい食物繊維。溶けないまま腸に届いて大腸壁を刺激し、蠕動運動を活性化させる。老廃物を掃除する効果も。

●不溶性食物繊維を多く含む食材
押麦、玄米、大麦めん、オートミール、全粒粉、ライ麦、りんご、西洋なし、きんかん、アボカド、インゲン豆、うずら豆、そらまめ、あずき、納豆、テンペ、大豆、さつまいも、なめこ、甘栗、アーティチョーク、キャベツ、ブロッコリー、えだまめ、オクラ、ごぼう、千切り大根、茎ニンニク、ふきのとう、芽キャベツ、にんじん、モロヘイヤ、海藻など

参考:http://allabout.co.jp/gm/gc/301338/2/

戦後直後に比べ日本人は食物繊維が不足してきています。バランスよく・積極的に摂りましょう。

ゴボウやマメ、イモ類、シリアル、ドライフルーツなど、身近で手軽に食べられる食品にも含まれています。

「外からマッサージ」で”腸力”アップ!

お腹から直接刺激して、腸の働きを促しましょう。

日頃の日常生活から「腸活」を行いましょう!

ダイエットや美容のための「腸活」を行なって、女子力アップを目指しましょう!

水を飲む

朝起きたらコップ一杯の水を飲みましょう。腸が目を覚まし、働きがスムーズになります。
食後に水を飲むときは、温度は常温がオススメ。酵素が体の隅々にまで行き届き、脂肪を燃やすのを助けてくれます。

1 2





KAIDEN_GORILLAさん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう