1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

kenkenlionさん

こんな悩みありませんか??

肌荒れやばい(/д\;) 肌ケア以前にいよいよタバコなんとかせねば。諸悪の根元…!

強烈にアレルギー出てるなぁ。肌がかゆい。夜中にもかゆくて目が覚めてかきむしってた記憶がある。ここんとこ、そういうの多い気がするよ。

■実は老化を促す「果汁100ジュース」

朝は必ず果汁100%ジュースを飲む、というのは一見健康的な食習慣に思えます。
 しかし、AGEの観点からすると、これは必ずしもいい習慣とは言えません。
 確かに、果汁100%のジュースからは果物に由来する栄養素が多く摂取できます。ただ、体内に入ると猛烈なスピードでAGEを作る「果糖」も大量に含まれているため、飲み過ぎには注意が必要。
 液体ということで一度にかなりの量を飲んでしまいがちなジュースですが、老化を防ぐためにも適量を心がけましょう。
 また、果糖はジュースの原料であるフルーツにも多く含まれるため、摂りすぎるとやはり弊害も出てきます。リンゴなら一日一個。バナナなら一本、みかんなら2~3個が適量。

AGEとは??

タンパク質に糖が結びつき糖化したもの。タンパク質を硬化させたり、物質を褐色に変える反応を引き起こします。コラーゲンや弾性繊維などのタンパク質からできている皮膚は、AGE化すると硬くなってハリや弾力性が失われ、シワ、たるみの原因に。黄色や茶色化し「黄ぐすみ」という老化現象も起こります。年を取ると髪のコシがなくなり、傷みやすくなるのも、髪に含まれるケラチン(タンパク質)がAGE化しているため。

■AGEを体内に取り込まないためには?

では、AGEを多く含む食べ物にはどのようなものがあるのでしょうか。
AGEは、食べ物の「焼き目」の部分に多く含まれます。たとえば、焼き肉の焼き色の部分や、キツネ色に焼けたホットケーキの表面など、「焼き目・焦げ目」には注意が必要。

■アンチエイジングの大敵「炭水化物」

AGEを作るのは「果糖」だけではありません。血糖値が高い状態もAGEができやすく、注意が必要です。
 血糖値を上げる食べ物として、まず挙がるのが「炭水化物」。特に「麺だけ」「パンだけ」という炭水化物のみの食事は、摂取カロリー的には大きくなくても血糖値を急激に上げるので避けた方が無難です。
 とはいえ、炭水化物は食事には欠かせません。まったく摂らないというのは無理な話なので、食べる順番を工夫して、糖質の吸収を緩やかにする必要があります。

☆解決策☆

そのためには、まず野菜や海藻類、きのこ類を食べ、それから肉や魚、大豆などタンパク質を多く含むおかずを食べます。そして最後にごはんやパスタ、うどんなどの炭水化物を食べるようにすると、糖質の吸収を抑えつつ、なおかつある程度お腹が満たされた状態で炭水化物の順番になるため、食べる量を抑えることができます。

結局健康には野菜がいいと言われてますがバランスよく食べることが一番健康に繋がるんですね。

みんなのコメント

焼き目、焦げ目がうまいんじゃん!(匿名希望さん)

飯食いに言ってこの記事の様なことをグチャグチャ言う奴がいたら多分喧嘩別れになると思う。
「せっかくの飯がまずくなるからお前とは絶交だ」ってね。(匿名希望さん)

少し前は「焼き目」はガンになる・・とか言ってたね、今回の説は正しいかな?? どちらにしろ老化はそれだけの原因では無い。(匿名希望さん)

好きなものしか食べなくて、しかも長生きだった人を知ってるからなあ。(匿名希望さん)

好きなものを美味しく頂くのが一番いい。
食べ過ぎはだめだけれども。(匿名希望さん)

その他お肌老化原因の元。。。

「紫外線・乾燥・血行不良・ホルモン不足・糖化」
この5つが肌を老けさせると言われている。

豆知識(紫外線)

オーストラリアの紫外線は日本の約7倍
だから、オーストラリアは皮膚がんで死ぬ人が
日本より断然多いんだよ。

1 2





このまとめへのコメント1

  • この投稿は現在表示することができません。

1