1. まとめトップ

活動再開から約半年、RAG FAIRのメンバー加納孝政が脱退

アカペラユニット「RAG FAIR」のメンバー・加納孝政が脱退を発表、芸能界から引退したことが明らかになりました。RAG FAIRは2011年に活動休止するも2012年12月から活動を再開しており、これからが注目されていた矢先の発表となりました。

更新日: 2013年06月18日

7 お気に入り 76438 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

happynvrさん

▼公式サイトで加納孝政の脱退を発表

私、加納孝政は2012年をもってRag Fairの活動から退くことになりました。

悩みましたが、2002年の加入以来、情熱と誇りを持って歌い続けた11年にピリオドを打ち、新しい人生を歩んでいくという決断をしました。

これからは一個人“加納孝政”として、ファンの皆様と同じ場所からRag Fairを応援していきます。
メンバーにはこれからもより多くの人に歌を笑顔を、感動を与え続ける存在であってくれることを心より願っています。

最後に、この11年間Rag Fair加納孝政に関わり、支えてくれたすべての人、声を聴いてくれたすべての人に、

感謝。

2013年5月
加納孝政

▼芸能界からも引退する

1976年9月10日生まれ。埼玉県川越市出身。血液型A型。
基本パートはベースであるが、「ハレルヤ」と「フラっとしちゃってゴメンなさい」では一部でリードボーカルを担当している。本人曰く、自分が出せる一番低い音はlowC。

加納はグループの公式サイトで「文字通りRAG FAIRを土台として支える男」として紹介されている存在。

▼RAG FAIRの概要

1999年、関東の大学のアカペラサークルのメンバーを中心に結成。2001年、ミニアルバム「I RAG YOU」でメジャーデビュー。02年にはNHK紅白歌合戦に初出場した。

2001年、フジテレビ系バラエティ番組「力の限りゴーゴゴー!!」(現在終了)内のコーナー「ハモネプ」に、メンバーの奥村政佳が当時参加していたアカペラグループ「レプリカ」が出演。奥村がレプリカよりも前から所属していたRAG FAIRも“お兄さん的存在”として出演。そのパフォーマンスが番組を通じて話題となる。

▼メンバーからのコメント

● 土屋礼央はTwitterでコメント

ムードメーカー、土屋礼央(36)はツイッターで「これをピンチと捉えるか、チャンスと捉えるかは僕ら次第。加納さんお互い頑張ろう」とエールを送った。

そのツイートがこちら↓

【RAG FAIRから大切なお知らせ】これをピンチと捉えるか、チャンスと捉えるかは僕ら次第。加納さんお互い頑張ろう。 ragfair.jp/info/index.html #ragfair

● 加藤慶之はブログでコメント

「加納さんの脱退は僕としても物凄く残念なことです。まだまだ一緒に歌っていたかった」と共に走り続けた11年間を振り返り、「僕自身の実感が追いついていない部分も正直あります」と心境を綴った。だが最後は「加納さんが考え抜いた末に決断したこと」と受け入れ、感謝とエールで結んでいる。

▼RAG FAIRは2011年に活動休止し、2012年12月に活動再開した

2011年3月から休止してたが、2012年12月に活動再開。

▼脱退コメントが「2012年をもって」になっていることに疑問の声が

2012年って去年だよね…?年末の公演で最後だったのを今になって発表したってこと…?なんか、RAG FAIRはそういう所が変だなぁと感じる部分でもある…。 #RAGFAIR

2012年って事は、もう半年以上前に脱退してたって事だよね。 半年以上経ってから発表って遅くない? 脱退という形を選択した加納さんも、相当悩んでの決断だろうし。 RAG FAIRメンバーも多分それを受け入れるの辛かっただろうけど。 ショック過ぎます…。 #RAGFAIR

RAG FAIRのどれだか知らないけど(土屋礼央とおっくん以外は認識してないから)、メンバー脱退とかマジすか。ていうか2012年いっぱいってことは時系列上は既に脱退済みなんですか。何か活動休止から活動再開したんじゃなかったっけ?今もまた休止中なのか?

1 2