1. まとめトップ

在特会とは?

「在日特権を日本から無くすこと」を目的に設立された団体

在日特権を許さない市民の会の7つの約束

在日特権を許さない市民の会 7つの約束


1.在日による差別を振りかざしての特権要求を在特会は断じて許しません。

2.公式サイトの拡充、各地での講演会開催などを様々な媒体を通じて在日問題の周知を積極的に行っていきます。

3.各所からの講演要請があれば在特会は可能な限り応じ、集会の規模を問わず講師の派遣を行います。(※)

4.「在日特権に断固反対」「在日問題を次の世代に引き継がせない」意思表示として在特会への会員登録を広く勧めていきます。

5.当面の目標を登録会員数一万人に定め、目標に達し次第、警察当局や法務当局、各地方自治体、各政治家への在日問題解決の請願を開始します。

6.在日側からの希望があれば、放送・出版など様々なメディアにおいて公開討論に応じます。

7.不逞在日の犯罪行為に苦しむ各地の実態を知らしめ、その救済を在特会は目指していきます。

在特会が行っている啓蒙活動は?

朝日新聞は、1959年7月13日の記事で『1959年の(外務省)調査では、現時点で日本に在留する朝鮮人のうち徴用された朝鮮人の数は245人にすぎない』と発表しているんだ。

在日一世で『自分は強制連行された』と訴える者のほとんどが大嘘つき

通名制度を犯罪のために利用している輩がいるのが問題

複数の架空口座(通名口座)を持つことでそこに儲けた金を入れてしまえば脱税だってできる

朝銀破たんの時には在日通名口座による巨額の脱税事件が取りざたされたのは記憶に新しい

在日の特別永住許可には、入管特例法第9条に、当別永住者の退去強制の項目があるにはある。【1】から【4】までの項目がごっそり削除される

1. 内乱罪(付和随行を除く)、内乱予備罪、内乱陰謀罪、
   内乱等幇助罪で禁錮刑以上。(執行猶予除く)

2. 外患誘致罪、外患援助罪、かそれら未遂罪、予備罪、
   陰謀罪で禁錮刑以上。(執行猶予除く)

3. 外国国章損壊罪、私戦予備罪、私戦陰謀罪、
   中立命令違反罪で禁錮刑以上。

4. 外国の元首、外交使節又は
   その公館に対しての犯罪で禁錮刑以上が処せられ、
   かつ法務大臣が(外務大臣と協議の上)日本の外交上の
   重大な利益が損なわれたと認定。

5. 無期又は7年を超える懲役又は禁錮に処せられ、
   かつ法務大臣が日本の重大な利益が損ねられたと認定。

本で生まれ日本で育ち、母国語も出来ない幽霊みたいな外国人が日本の国を恨み、文句をたれ、日本の善意に感謝もしない。

アメリカの提示したポツダム宣言には、海外の領土を破棄せよってのがあった。つまり日本がポツダム宣言を受諾したから、朝鮮は日本から解放されたわけだ。

このことから日本国籍を奪った犯人はアメリカであって、国籍を奪うことが悪であるというのならポツダム宣言そのものを否定することになるんだが、それとも受け入れずに日本国籍のままが良かったとでも言うのかな?

日本は1952年(昭和27年)サンフランシスコ講和条約発効により、

「ポツダム宣言の受諾に伴い発する命令に関する件に基づく外務省関係諸命令の措置に関する法律」(法律126号)に基づき、

「日本国籍を離脱する者(旧領土出身者)で、昭和二十年九月二日以前から日本に住むものは、引き続き在留資格を有することなく、日本に在留することができる」としたんだ。

問題なのはその時だ。
サンフランシスコ講和条約が発効された頃は、朝鮮半島は朝鮮戦争の真っただ中だった。

戦火を逃れ、また朝鮮半島で生活していくことへの不安から日本に渡った朝鮮人の密航者たちがいて、彼ら密入国者たちは出生を誤魔化して多数在留資格を得た

その13年後、1965年、日本と韓国は在日の扱いをどうするかの「日韓基本条約」と「日韓法的地位協定」を結ぶことになる。

それを有利に進めるため韓国はなにをしたと思う?

1952年、当時の大統領李承晩は国際法のルールを無視した「李承晩ライン」という領海線を勝手に引いた。そして李承晩ライン内にある竹島を韓国領土だと主張してこれを占領したんだ。

竹島周辺で操業をしていた漁船328隻が拿捕され、3929人もの漁師が抑留されたんだよ。

1965年の李承晩ライン廃止まで13年間もだ。
拿捕時に銃撃や追突を受け、44人の死傷者も出ている。

日本の刑務所に収監されていた韓国・北朝鮮の犯罪者472人の釈放と在留特別許可まで日本に認めさせたんだ。

在日っていったいなんのために日本にいるんやろ?

日本でしか生きていけないのに、日本に差別だ差別だと文句ばかり言って権利ばかり要求するから、日本人からメチャメチャ嫌われるようになっていっとる。そう言った現実から目を背けて、いつまでたってもそれを止めることができないんや。

1