1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

【ゾウモウではない】魅力ありすぎな秘境・「北海道増毛町」

ここ、ただの田舎とは一味も二味も違います・・・。是非行ってみてください。

更新日: 2016年05月02日

147 お気に入り 132885 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ddaggressiveさん

日本海側に面した、北海道北西部の町。
人口は約5,000人。
新千歳空港から車で約3時間30分(高速利用)、旭川空港からは車で約3時間、札幌市街からは国道231号線利用で約2時間30分、というなんとも「秘境」感漂うアクセスの悪さ…。しかし、わざわざ行く意味のある魅力が満載なのです!

新千歳空港 から 増毛町
  車で ・・・ 《約2時間40分》 ※高速道路利用の場合
  JRで ・・・ 《約3時間30分》 ※乗り継ぎの待ち時間なしの場合
  バスで ・・・ 《約3時間》 ※留萌経由の場合

高速道路は、新千歳空港から隣の留萌市(留萌幌糠IC)までつながっています。

①盲腸線・留萌本線の終着駅!

増毛⇔深川間を運行。旭川や札幌からも電車で行ける。

深川から細い線路が1本延びるだけの盲腸線・・・現在直通列車は旭川から増毛行きの普通列車が1本あるだけ。深川-増毛が5.5往復,深川-留萌が3往復,留萌-増毛が1往復という閑散ダイヤ

まわりは廃線になった。

石狩沼田-新十津川間(現在の札沼線の一部)、留萌-幌延間(羽幌線)などはすでに廃線となっている。
つまり、結果的に今は深川から「盲腸」のように増毛まで単線だけが走っているという、珍しいポイントである。

物寂しい旅情の雰囲気が漂います…

基本的に無人ですが、夏は構内でそば屋さんなどが開いていることも。

増毛駅の切符は「髪が増える」という縁起かつぎがあり、お土産に大人気とのこと。
隣町の留萌駅か、増毛駅前の観光案内所で購入できる。

映画内ででてくる「風待食堂」は今も観光案内所として増毛駅前にあります。

②海の幸♪

札幌でもなかなか味わえない味覚があります!

甘エビやタコ、カレイ類は年中水揚げされています。春にはマス、夏はウニ、秋にはサケ、そして冬にはアワビ、タラ、カジカ、スケソウ、ハタハタ、カスベ、ハッカク、ナメタなどなど・・・。旬の味を楽しむ味覚がそろう増毛

やわらかく煮たタコ「たこ親爺」はやみつきです・・・。大量買い必至!

商品名は【たこ親爺】ですが贈り物にする時はけっして本気で『たこ親爺』と思って贈らないでくださいね♪(シャレの通じない方には贈らないようにしましょう)

③日本最北の酒蔵♪

十数種類の利き酒も無料で体験できます!

貯蔵タンクが並び、ひんやりとした空気とお酒の香りが漂う試飲コーナーでは、全16酒類のお酒を無料でお試し飲みいただけます

酒造工程も見学可能。

まだまだ東京方面には出回っていませんが、北海道内では知る人ぞ知る銘酒です!

麺に酒かすを練りこんだ絶品のラーメンです!

1 2