1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

2013年6月23日は今年最大の満月「スーパームーン」!【画像あり】

2013年6月23日は、月が地球に一番近づくタイミングと満月になるタイミングが揃い、今年最大の満月となる「スーパームーン」が見れます。いったいなにがそんなにスーパーなのか?気になる天体ショーについてまとめました。

更新日: 2013年06月24日

monet333さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1721 お気に入り 365817 view
お気に入り追加

2013年6月23日は今年最大の満月「スーパームーン」!

ただの月じゃない「スーパームーン」!?

いよいよ、2013年最大の満月が6月23日にせまってきました! そう、スーパームーンです!!

「スーパームーン」とは?

月が地球に最も近づいたときに、満月もしくは新月の形になった月の姿、またはその現象をスーパームーンという

地球の周りの楕円で周回する月、地球との距離にはその起動で差が

月が地球を周回する軌道は、楕円のカタチ。そのため、月は公転しながら、地球に近づいたり遠ざかったりしています

地球との距離が最も短い近地点では約36万キロメートル、最も離れた遠地点では約41万キロメートルとなり、近地点と遠地点は距離にして1割以上もの遠近差

月が地球に近づくと、当然普段よりも少し大きな月を眺めることができます

右が通常時、左がスーパームーン時の月の大きさ。かなり違います。

近年、地球にもっとも近づいたときの満月(もしくは新月)のことを「スーパームーン」と呼ぶように

もとは占星術の用語だった「スーパームーン」、中には天変地異が起こるとの説も

スーパームーンとは、天文学で使われる用語ではなく、占星術が近年使用している用語

もとは占星術の用語

惑星直列などとともに、地震が起こるなどの災禍が訪れるという風説

スーパームーンは、地震や噴火の前触れという風説が根強く信じられています

しかし、そのような事実の裏付けはなく、力学的には潮位の干満の差がわずかに大きくなる程度に過ぎない

災害が起こる根拠はなく、潮の満ち引きに影響がある程度のよう

2012年のスーパームーンでは、NASAが天災との因果関係を否定する動画をYouTubeで公開

2013年6月23日の「スーパームーン」を観測するには?

巨大なまんまるのお月さまが見れるかも!

それから約20分後、20時32分頃に月は満月の瞬間を迎え、スーパームーンに

21日に夏至を迎えたばかりで日没が19時頃と遅いのですが、スーパームーンになる時間には空はすっかり暗くなっている

日本で月の出が最も遅い沖縄地方でも、午後7時10分が月の出です。お天気さえ良ければ日没後にスーパームーンを観測する事が可能

1 2 3





monet333さん

気になったことをいろいろまとめてます。よろしくお願いします。