1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

大事なのは全身状態
 一部の若年性認知症などを除き、原則として75歳以上の患者の診療を専門とする東京医科大学病院(東京都新宿区)高齢診療科の羽生春夫教授(老年医学)は「高齢になればなるほど、病気の治療だけでなく、全身の状態をどれだけ良好に保てるかが重要になる。
全身の状態の悪化を少しでも緩やかにすることが、患者がどれだけ自立的に日常生活を送れるかどうかを大きく左右する」と強調する。
このため、初診時には認知症やうつ病などともに、「フレイルになっていないか」「サルコペニアの兆候はないか」といった点も含め、全身の状態の把握に努めるという。
一般的にはあまりなじみのないフレイルには、              数値化され統一された判断基準はない。                 ただ、注意すべき複数の項目が提唱されている。
主なものとして、

運動は有酸素運動と筋肉トレーニングが有効です

食事はタンパク質を多く含んだ食事を心がけましょう。

体重に自分の体脂肪率をかけて、それを体重からひく。引いたのを2でわったのがおおよその筋肉量なので、それを体重でわって、百をかけたのが
筋肉率。

運動不足と食事制限などの過度なダイエットが問題

食事制限ダイエットは食べる量を減らしますので、一時は脂肪減少効果が得られますが筋肉量も減少します。

ご存知の方も多いと思いますが、筋肉が減少するということは脂肪を燃焼させる力も低下するということですので、少しの食事でも脂肪が体に蓄積されやすい体になります

低炭水化物ダイエットとは「隠れ肥満」と老化を早め・・糖質オフダイエット長期は死亡率高まる!
http://matome.naver.jp/odai/2137016640936654901

「3分速歩き」「3分ゆっくり歩き」を交互に繰り返すのがいいそうだ!「筋肉の衰え」阻止する歩行術 インターバル速歩とは|ヘルスUP ndjust.in/HR5ZEr-a #NewsDigest

1 2 3