1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

takuya0212さん

130万円請求へ 新国立劇場、俳優事務所に

21日の中止公演では、観客が「チケット代金の払い戻し」か「他公演日への振替」を選択する形がとられた。「‐払い戻し」については、当日配布された「チケット代の払い戻しお申し込み書」に注意事項として、「劇場への交通費、チケットご購入時の各種手数料は返金できません。」と記載されていたが、返金されることが発表された。

新国立劇場(東京・初台)は19日、出演俳優1人が来なかったため中止した4月21日の演劇公演「効率学のススメ」について、損害額約130万円をこの俳優が所属していた事務所へ請求する方針を明らかにした。チケット代の払い戻し分と観客の交通費、購入時の手数料を含む。劇場によると、当日は約200人が来場、うち約70人が別の日の公演に振り替えた。

田島優成公演欠席

東京・新国立劇場で2013年4月21日昼に上演予定だった「効率学のススメ」で、俳優の田島優成さん(25)が「夜の公演と勘違いしていた」ために開演時間になっても現れず、公演が中止となった

劇場は再発防止策として、出演者が劇場に入る時間を30分早め、開演1時間半前にした。

所属事務所も契約解除

公演が中止となった問題で、田島さんは5月8日のブログで芸能活動の自粛と所属事務所との契約を5月末で終了することを発表した。

ブログの閉鎖

ブログでは「あの日以来、私が引き起こした事態に対する責任を自分としてどう処すべきか真剣に考え、事務所とも話し合いを重ねた結果」「多くの皆様から、本当に厳しい言葉はもちろん、仕事を続けることで償うべきという温かい激励もいただきましたが、今回のことは、舞台に立つ者としてあってはならないことで、自分としてケジメをつけ、演劇との関わり方や自分の生き方をしっかり見つめ直す必要があると考えました」と説明されている。

金髪涙目で謝罪会見

23日午前、緊急会見を開いた田島は、役柄のため金髪スタイル。目を潤ませながら経緯を報告した。

田島は冒頭で「僕みたいな無名な俳優のために本日お集まりいただき、申し訳ありません。今回の件は、全て私個人の不注意が原因です。本当に取り返しの付かないことをしてしまったと深く反省しております」と頭を深々下げて謝罪。

「13時公演でしたけど、なぜが19時公演だと勘違いしていて、朝に一度、目を覚ましたのですが、もう一度寝てしまった」と釈明し、「14時前に起きました。携帯の充電が切れていて、付けたらたくさんのスタッフから連絡が来ていて、自分がとんでもないことをしてしまったと気づきました」と目に涙を浮かべた。

前日は、日付の変わる午前0時には就寝したというが「いつもより少し早く寝て、いつもより寝れるという思いが気の緩みを招いたのかもしれない」と悔み、起床後は「マネージャーに連絡したら『中止になった』と知らされ、すぐに劇場に向かい謝罪した。自分で言うのもなんですが信じられない。消えたいと思いました。嘘であってくれ夢であってくれと思ったし、どう謝ろうかと考えていた」と悔やんだ。

連絡の通じない田島の元に制作の人が訪れたが「(寝ていて)僕があまりにも反応しなかったので、僕がいないと判断され帰られた」と事情を説明した。

高岡蒼佑が舞台寝坊の田島優成がんばれ

優の高岡蒼佑(31)は「今回は、一つの失敗が大きな事になってしまったけれど、長い役者人生の中では、必要な経験だったのかもしれないと思う」と4月24日(2013年)のフェイスブックで、舞台を寝坊欠席した俳優の田島優成(25)にエールを送っている。

具体的に名前は出していないが、「最近少し話題になってしまった彼」と表現している。以前に2度共演したことがあり、「芝居が大好きで、仕事に取り組む姿勢も人一倍まじめで、勿論お客さんの事も大切にする、好青年のイメージをもっている」という。「貴重な経験をした今回、次に会った時には、きっと一回りも、ふた回りも大きくなった彼がそこにいると思う」として、次回の共演を望んだ。

1