1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

takuya0212さん

電車で痴漢をしたとして起訴された男性が無罪

電車で女性に痴漢したとして大阪府迷惑防止条例違反罪に問われた元会社員の男性(54)に対する判決公判が19日、大阪地裁で開かれ、長井秀典裁判長は「犯行を裏付ける証拠がない」として無罪(求刑罰金50万円)を言い渡した。

男性は昨年10月17日朝、JR大和路線の久宝寺―天王寺駅間を走行中の電車内で、20代の女性の体を衣服の上から触ったとして起訴された。

判決理由

害者証言の信用性は高いが、つかんだ手の場所が目撃証言と少し違い、男性の手から女性の衣類の繊維も検出されなかった。

男性の言葉

男性は判決後の取材に対して「警察や検察の取り調べで何を言っても『作り話だ』と言われた。無罪と認められて良かった」と話した

痴漢冤罪に対する周りの声

マジで男女別と家族カップル車両作るべき <痴漢で起訴の男性無罪 大阪地裁「否定の説明は合理的」> nico.ms/nw658633 #niconews

こういう女性がいるから男性は苦労するんですよね・・・ <痴漢で起訴の男性無罪 大阪地裁「否定の説明は合理的」> nico.ms/nw658633 #niconews

暇人\(^o^)/速報 : 【当たり前ワロタw】 「証拠もなく目撃者も居ないし無罪に決まってる」 痴漢で逮捕の男性 奇跡の大勝利 - ライブドアブログ smar.ws/2LVB8 #SmartNews 飯がうまい!

冤罪するクソ女には逆に訴えてやれ <痴漢で起訴の男性無罪 大阪地裁「否定の説明は合理的」> nico.ms/nw658633 #niconews

女性の言うことがなんでも正しいというのは、手抜きだよね。 <痴漢で起訴の男性無罪 大阪地裁「否定の説明は合理的」> nico.ms/nw658633 #niconews

痴漢の冤罪で無罪になった場合、相手女性に損害賠償は難しい??

痴漢のでっちあげにより逮捕されたとして、東京都の69歳男性が被害を訴えた女性を相手取り、損害賠償を求めた訴訟で、最高裁は1月31日日付で、男性側の上告を棄却する決定をした。
大谷剛彦裁判長は、「原告男性による痴漢の事実は認められない」とする一方で、「女性が当時、電車内で痴漢行為を(第三者から)受けていなかったとまでは断定出来ない」としている。

確かにほかの人からされてなかったっていう確証はないですからねー

民事だと女が故意に虚偽の 供述をしたと立証しないといけないから無理ゲーすぎ

痴漢冤罪を防ぐ3つの対策

(1)不自然な通勤経路をとらない

たとえば、必要もないのに満員電車に乗るのは危ないです。

仮に、仕事が始まるのが午後なのに、わざわざ朝のピークタイムの電車に乗った男性が、痴漢と間違われたとします。

“職場近くの喫茶店のモーニングが食べたかったから早く出勤した”といった理由があったとしても、警察や裁判所では「そんなのは不自然だ。痴漢目的で満員電車に乗ったのだろう」と疑いの目を向けられてしまうのです。

このほか、間違って遠回りになる混雑路線に乗ったという事情が、男性に不利に働くこともあります。

たとえば、電車のなかで寝過ごして、慌てて引き返そうとしたら、さらに間違った路線に乗ってしまい、その車中で痴漢に間違われたケースについて考えてみましょう。

本人にしてみれば、めちゃくちゃ焦った状態でさらに痴漢扱いされて踏んだり蹴ったりといった感じですが、やはり「なんでそんな不自然な乗り換え方をしてるんだ。痴漢目的だろ」ということになってしまうのです。

自分にとって不利な条件を作らないためには、なるべく不自然な通勤経路は避けるべきでしょう。

(2)露出度の高い女性の付近は避ける

痴漢冤罪のなかには、被害者女性からたまたま犯人に間違われたというケースもあれば、示談金目当ての“痴漢冤罪メーカー”の標的になってしまったというケースもあります。

後者のタイプでは、女性がミニスカート、キャミソールなど露出度の高い衣服を着ていることが多いです(もちろん普通の服装のこともありますが)。

君子危うきに近寄らず。露出度の高い女性を見かけたら、なるべく距離をとりましょう。

(3)男性の集団のなかに身を潜める

“女性を見たら痴漢冤罪メーカーと思え”というわけではありませんが、痴漢冤罪被害を防止する究極の方法は、露出度の高い女性に限らず、とにかく満員電車内で女性から離れることです。男性の集団のなかに身を潜めるに尽きます。

男性専用車両の導入が望まれるところです。それがない現時点では、駅のホームで電車待ちをする際、なるべく男性率の高い列に並ぶなど工夫してみてはいかがでしょう。

後ろに女性に並ばれては意味はありませんが、常に乗客の性別と位置関係を意識しておくのは大事なことです。

痴漢と疑われた時の正しい対策

駅員室には行かない

痴漢と間違われた場合でも、痴漢に仕立て上げられた場合でも、
証人無しでは駅員室に行っては行けません。


被害を訴える人(女性)の要求で駅員室へと連行された場合は、
憲法33条・刑事訴訟法213条によって私人による現行犯逮捕が認められます。
大阪御堂筋線の痴漢でっちあげ事件では、
痴漢に仕立て上げられた男性は、駅員室でしっかりと説明すれば助けてもらえる
という思いで駅員室に行き、そのまま警察に連行されてしまいました。

証人を確保する、などの協力者を探す

しかし、現行犯逮捕は無効になるものの疑いが晴れるわけではないので、
任意同行での事情聴取に切り替わるということになります。

そのため後日、自宅または職場に警察官が出向き、
任意同行を求めれらる事になる可能性があります。


現行犯逮捕を逃れるメリットとしては、警察に行くまでの時間を稼ぐ事ができるので、
その間に無実を証明してくれる人を探したり、職場や家族、弁護士などに相談をして、
今後の対策を考える時間を稼ぐ事が出来るという事です。

弁護士同伴で警察に出向く


現行犯逮捕を逃れた後は、警察の書類送検が完了する前に、
弁護士同伴で警察署に出向き無実を訴える、弁明すると言った行動が
必要になる場合もあるようです。

実は身分を明かすほうがいい

ひとつの善後策として提案できるのは、“被害者に名刺を見せたり、免許証を見せたりして、自分の身分を明らかにしたうえでその場を立ち去る”という方法。

単に逃げるだけでなく、身分を明かしているので“自分にはやましいことはない”というアピールにはなります。

痴漢を疑われた時に実はしてはいけないこと

何人かの弁護士の中には、
痴漢と間違われた場合の無実の立証は困難であるという理由で、
真面目に走って逃げる事を進める人もいるそうです。

1 2