1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

homeearthさん

1947年11月1日 - 1973年11月29日生まれ 日本の戦場カメラマン

来歴

佐賀県武雄市にて一ノ瀬清二・信子の長男として生まれる。佐賀県立武雄高等学校時代は野球部に所属し、甲子園に出場。日本大学芸術学部写真学科卒業後、UPI通信社東京支社に勤務。

戦地へ

半年の試用期間の後UPIを解雇され、フリーランスの戦争カメラマンとして活動を開始。米軍キャンプPXの写真屋で1年間働き資金を貯め、インド・パキスタン戦争へ向かう。1972年3月、ベトナム戦争が飛び火し、戦いが激化するカンボジアに入国。以後ベトナム戦争、カンボジア内戦を取材、『アサヒグラフ』や『ワシントン・ポスト』など国内外のマスコミで活動し、「安全へのダイブ」でUPIニュース写真月間最優秀賞を受賞した。

カンボジア入国以後、共産主義勢力クメール・ルージュの支配下に有ったアンコールワット遺跡への単独での一番乗りを目指しており、1973年11月、「旨く撮れたら、東京まで持って行きます。もし、うまく地雷を踏んだら“サヨウナラ”!」と友人宛に手紙を残し、単身アンコールワットへ潜入し、消息を絶つ。

9年後の1982年、シェムリアップから北東14Kmのプラダック村で両親によって死亡が確認された。

1