1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

京都人限定?!6月に食べないと落ち着かない和菓子とは…

6月になると「アレ」が食べたくなりますね。6月の京都スイーツをご紹介します。

更新日: 2013年06月23日

301 お気に入り 119042 view
お気に入り追加

外郎(ういろう)の上に小豆が載った三角形の和菓子です。
大体150円~200円くらい。
京都の和菓子屋などで主に6月に販売されている期間限定の和菓子です。

なぜ6月限定?

京都では1年のちょうど折り返しにあたるこの日に、この半年の罪や穢れを祓い、残り半年の無病息災を祈願する神事「夏越祓(なごしのはらえ)」が行われます。

この「夏越祓」に用いられるのが、6月の和菓子の代表ともいうべき「水無月」です。

http://www.kanshundo.co.jp/museum/yogo/minazuki.htm

大祓(おおはらえ)は、6月と12月の晦日(新暦では6月30日と12月31日)に行われる除災行事である。犯した罪や穢れを除き去るための祓えの行事で、6月の大祓を夏越の祓(なごしのはらえ)、12月の大祓を年越の祓(としこしのはらえ)という

京都の人間はこの夏越の祓がある6月頃にせっせと水無月を食べます。
時々フライングして5月に食べたりもしていますので、案外そのあたりは適当です。

余談ですが、この祓えの時期になると近所の神社から人形が配られます。(車用の車形もあります)
名前と歳を書いて息を吹きかけ、体を擦ります。
一家でまとめて社務所か町会長さん宅へ届ければ完了。

こんな感じでごく自然に毎年「祓え」を行っています。

もちろん神社では「茅の輪くぐり」などが行われているので、ちゃんとお参りするという方もいます。

どれもこれも三角形なのはなぜ?

水無月の三角形は氷室の氷を表し、6月朔日に氷室の氷を口にすると夏痩せしないと言われていました。氷の節句、または氷の朔日といわれ、室町時代には幕府や宮中で年中行事とされていました。小豆は悪魔払いの意味を表しています。

一般大衆は、氷を得られないので、麦粉を練って氷になぞらえてこれを食べた。江戸時代の末期に至り麦粉の中に小豆を混ぜて三角に切り今の形状となり、悪疫や災難を防ぎ無病息災に効なりと称して広く京洛の内外に行事として用いられるに至る。その風習は、現在においても引き継がれている。

http://www.gokenuiro.jp/about/

氷の代用品と言いつつも…

オーソドックスなのは白い外郎の水無月ですが、その隣には抹茶や黒糖、栗の水無月なんかが並んでいたりまします。

伝統的な和菓子ですが、色んなアレンジも市民権を得ており、どれも美味しいです♪

どこで手に入るの?

どんなに小さな和菓子屋でも、余程のことがない限り水無月を売っていると思います。

スーパーの和菓子コーナーでも平然と並んでいます。

京都の人の感覚

6月なので水無月食べる pic.twitter.com/Mg4x5uurBk

お正月のお雑煮やおせち料理のようなものなので、食べないとなんだか落ち着かないんです…
食べないまま7月になったら気持ち悪い!

え、京都以外では6月に水無月食べへんの?

頂いたふたばの水無月〜♡ 東京大阪のスタッフ全員水無月知らんかったんやけど、6月30日に水無月食べるんって京都だけなん? pic.twitter.com/C9LX1jKqJP

何食べるの?

何を食べるンだろう。白夜のある北欧には何か祝祭食があったような… と考えながら隣の駅で降りて和菓子屋で大好物の水無月を買って帰る。

下半期の厄払いという口実で美味しい水無月を食べないのはもったいないよね~

水無月=食べ物と反応ができる。というか水無月が京都以外で通じないことにびっくり #京都あるある

水無月食べなくっちゃ!と思って他府県でスーパーや和菓子屋を回っても、6月なのに水無月の水の字もないことに絶望する京都人…

有名どころの水無月

桂離宮すぐ側の饅頭屋。茶店もあります。
もちろん百貨店でも~

甘くてとても美味しい水無月!6月に京都へ行く方は是非食べてみて下さい。

関連リンク

■ディープな京都案内「嵐山モンキーパーク」の魅力
http://matome.naver.jp/odai/2135245259435593601

■日本初上陸を果たした梅田シティベーカリーの魅惑
http://matome.naver.jp/odai/2136699289971743101

■10万円以内で行ける船の旅【海外行きクルーズ】
http://matome.naver.jp/odai/2134275855455403501

1