出町ふたば by Figaro

氷の代用品がお餅

一般大衆は、氷を得られないので、麦粉を練って氷になぞらえてこれを食べた。江戸時代の末期に至り麦粉の中に小豆を混ぜて三角に切り今の形状となり、悪疫や災難を防ぎ無病息災に効なりと称して広く京洛の内外に行事として用いられるに至る。その風習は、現在においても引き継がれている。

http://www.gokenuiro.jp/about/

この情報が含まれているまとめはこちら

京都人限定?!6月に食べないと落ち着かない和菓子とは…

6月になると「アレ」が食べたくなりますね。6月の京都スイーツをご紹介します。

このまとめを見る