1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

【ストレス】ためる人とためない人の違いがわかればストレスはたまらない

ストレスで悩む人が現代社会には多いです。精神的なストレスは物事の考え方でも変わってきます。ポジティブに物事を考えましょう。

更新日: 2013年09月20日

kana632911さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
2509 お気に入り 575050 view
お気に入り追加

ストレスのほとんどは「肉体的」より「精神的」である。

とりわけ人間関係によるトラブルが多く、精神的に怒り、苦しみ、悲しみ、いらいら、落ち込みを感じ、ストレスになっています。

ストレスをためる人は、我慢で乗り切ろうとする。
ストレスをためない人は、協力で乗り切ろうとする。

我慢、忍耐、辛抱が好きな人は、できないことをいつまで経っても、1人でやろうとします。

だから成長が停滞します。

ストレスをためている人は、弱いものをいじめようとする。
ストレスをためない人は、弱いものを助けようとする。

いじめる側より、助ける側のほうが、絶対にかっこいいのです。

協力のほうが、ストレスが小さくなります。

むしろ協力は、ストレスを増やすどころか、減らす生き方です。

お互いにとってプラスになる協力に生きる人が、ストレスが少なくて、ためない人なのです。

ストレスをためる人は、仕事をするために休まない。
ストレスをためない人は、仕事をするために休む。

ストレスをためやすい人は「休むことはいけないこと」という思い込みがあります。
「休憩とはサボること」だと考えています。
ストレスをためやすい人にある、典型的な考えです。

もつれた糸をほどくために、いったん休憩を入れる。

完全なる休憩、休み、ストップをして、まず自分を取り戻します。
落ち着きを取り戻してから、人間関係を見直すと「何が原因なのか、どうすればいいのか」が見えてくるようになります。

ストレスをためる人は「後回し」にする。
ストレスをためない人は「今すぐ」に行う。

ストレスをためる人は、いつも「後回しにする」という効率の悪い習慣が癖になっています。
ストレスとの上手な付き合い方は「今すぐ」という行動習慣なのです。

ストレスをためる人は、受け止める。
ストレスをためない人は、ばねにする。

ストレスをばねにして、自分の力に変えましょう。
ストレスのおかげで、自分を高めることができるのです。

お金で動くと、ストレスが増える。
喜びで動くと、ストレスがなくなる。

喜びを原動力にしよう。

まず「楽しむこと」が、なにより大切

ルールを先に考えすぎると「楽しい」という気持ちより「苦労」というストレスのほうが先に出てしまい、目立ってしまいます。
マイナス面ばかりを見てしまい「つまらない」「苦労」「大変」と思い込んで、やめてしまうのです
その楽しさや面白さを体感して、経験しながらルールを1つずつ覚えていけばいいのです。

ストレスの多い人は「完全」を求める。
ストレスの少ない人は「適当」を求める。

長期的に考えて、気長になろう。

ストレスをためない人は、物事を長期的に考えている人です。

少々うまくいかないことがあっても、長期的に考えていると「まあいいか」と前向きに考えることができます。

短期的に考えていると、短気になる。

短期的に物事を考える癖を持つ人は、おのずからストレスをためやすい体質となります。
思ったような結果がすぐ得られないという短期的に考えているため、気持ちの変化も不安定になるからです。

分からないことは、すぐ聞いてしまおう。

学力の向上、成長においても、分からないことは教えてもらえばいいのです。
また教えてあげればいいのです。

タバコは、いらいらを減らすどころか、増やしてしまう。

「タバコを吸うと、ストレスが解消される」という声もあります。
本当は体に悪いと分かってはいるが、喫煙を少しでも正当化させたいための言い訳です。

嫌だと思うことは、開き直って体当たりしてしまおう。

「開き直り」とは、嫌だなと思ったことは、自分から進んでやりに行くということです。
逃げたい出来事を、自分から進んで追いかけていくと言うことです。

喧嘩をした相手とは、謝って仲直りをしよう。

仲直りをすれば、あっと言う間にマイナスの感情から開放されます。

起きる時間と寝る時間を、いつも同じにしよう。

生活のリズムが一定だから、
ストレスも小さくなる。

おしゃべりな人は、ストレスをためにくい。

ストレスをためる人は、コミュニケーションの量が少ないことが特徴です。
わざと会話の量を増やして、ストレスを発散しよう。

ストレスと感じるのはマイナス面ばかり見ているから

現実を変えるのではありません。
見方を変えましょう。

つまらないと感じるのか、面白いと感じるのかは、見方の違いです。

新しいことを経験する

ストレスを感じ始めるのは、流れが悪くなったときですから、流れをよくするために、新しい経験を求めればいいのです。

負けると分かっている戦いからは、逃げよう。

「もう自分には無理だ」と早い段階で分かれば、傷が大きくならないうちに、逃げる手段を使って、ストレスから回避するのです。
弱いから逃げるのではありません。
本当は、強いから逃げるのです。

1 2





kana632911さん

ライフハック、ためになる事や役にたつ話題など生活を豊かにすることを中心にまとめていきます。