1. まとめトップ

今、女性の一人旅が急増中!その理由と、おすすめテーマ選定

近年、お一人様、増えていますね。一人カラオケ、一人焼肉、一人◯◯。女性の一人旅ってなんだか危険な気がして。それでも高い防犯意識や、安全のための選択を怠らなければ自由度の高い素敵な時間になることでしょう。一人旅に踏み出す人の心境など、まとめてみました。

更新日: 2013年06月21日

239 お気に入り 153955 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

unsnyさん

一人旅、したことありますか?

遠くにいきたくなるのはどんな時でしょうか。
お休みが取れそうだから、ゆっくり仕事を忘れたい、リフレッシュしたい、前々から興味があることをやってみたい。
そんなときこそ、一人旅が絶対おすすめです。

実は、2008年の時点ですでに約半数以上の女性が一人旅を経験しています。じゃらんによると、年々7%くらい一人旅行者が増加し続けているとか。

一人旅が多くなっている、大きな理由。

今は、ひとりひとりの興味や旅に求めるものもさまざま。だからこそ、自分のやりたいことが心おきなくできる“ひとり旅”にスポットが当たっているのかもしれませんね

男性と女性で、求めるものがちょっと違う?

男性に多いのは、「宿でのんびり」「温泉」「地元の美味しいもの」「ドライブ・ツーリング」

対して女性は、「テーマパーク」「ショッピング」「お祭りやイベント」「スポーツ観戦や芸術鑑賞」「友人を訪ねる」が多い傾向にあるそう。

男性のほうが癒し目的の旅をしているのに対し,女性は買い物やイベント参加,芸術鑑賞など,アクティブな要素が強い

してみたいけど…安全面は?退屈しない?

見知らぬ土地で一人きり、うまくできるか心配。

退屈しない?一人じゃ、つまんないかも。

ひとり旅先で、ひとり遊びに興じる。何のひとり遊びをすればよいのか。遊びの内容が、テーマとなります。自分にふさわしいテーマが見つかれば、何度もひとり旅に出たくなります。

トラブルに巻き込まれたら?対処できる自信がない。

旅がしやすい国から、旅慣れていても旅がしづらい国や地域など、場所によって旅行事情も様々。国や地域選びがとても重要。

「何かあった時自分はどうするか」という作戦は常に考えておいた方が良い

暗くなってから人通りの少ない場所を歩かない。チャック無しのカバンは持って行かない。場所にもよるが、露出度の多い服装は出来るだけ避ける。ブランド物は持たない。アクセサリーもほどほどに。

旅に出てみたくなったら

まず、やりたいことを思い浮かべましょう。それが旅のテーマになります。

①癒される旅にしたい

スパやエステにいって、のんびりしたい人。エステの種類もたくさんありますから、自分が何を受けたいのかで行き先を決めるのも一手。
アカスリなら韓国、ロミロミならハワイ。価格帯で決めて、色々行ってみるのもいいですね。新しくオープンした施設がきになるなら、その国や地域で。

海を見ながらが良い、エスニックな雰囲気が良いなどの条件で決めても良いとおもいますよ。

もう一つおすすめなのは、ホテルの質を上げる。
セキュリティ等も安心ですし、いつもと違った豪華な部屋で過ごす時間は映画のよう。
上品な空間でくつろぐことで、内面まで磨かれていく感覚。
頑張っているご褒美としても、最適です。
ホテル内にもプール、スパ、バー等があります。
ホテル住まいのセレブの気分で。

癒しといえば、やっぱり温泉。
檜風呂、雪見風呂、こんなキレイな露天風呂。
ビビビッときたお風呂のある旅館に泊まるも良し、温泉街を散策するのも良し。
気づいたら美肌になってますよ。

② おもいっきり弾けて楽しみたい!

身体全部で楽しみたい、アクティブなあなたは是非このテーマで。
遊園地はちょっと上級者向けだけど、自分の行きたい場所やりたい事だけを考えて、猪突猛進!
海外のディズニーもいいですね。
誰のことを気にすることなく、楽しめますよ。

プール!プール!プール!
夏ですから、新しい水着を買ってプールサイドに立つのもいいですね。
プールサイドでカクテルを飲んでたら、出会いがあるかも。怪しい人には、用心してくださいね。

一人旅でここまでできちゃう女性、すごいかも。
大自然の中で仕事のストレスを捨てて、全身でその楽しさを感じてください。

③服も靴もカバンも…ショッピング三昧!

目当てがなくても、つい足をはこびたくなりますよね。
並行輸入品で安く買うのが良いか、免税店で買いアフターサービスを重視するか。
それは人それぞれです。

海外に行かずとも、国内のアウトレットでも。

1 2