1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

zyunriさん

日本が放ったシュートは17本

苦戦しながらの勝利

イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンは19日(日本時間20日)に行われたコンフェデレーションズカップの日本戦を振り返り、苦戦しながらも勝利を収めたことへの安堵感を口にしている。イタリア『トゥットスポルト』が同選手のコメントを伝えた。

スペインに打たれた14本を上回った

FIFA公式データによれば、この試合で日本が放ったシュートは17本。イタリアが0-4で敗れたEURO2012決勝でスペインに打たれた14本を上回った。ブッフォンは代表マッチでこれほどシュートを打たれた経験はないと語る。

ブッフォンは代表マッチでこれほどシュートを打たれた経験はないと語る。

ブッフォンのコメント

「外から見ている人たちは間違いなく楽しめたと思う。でも僕らにとっては、これだけ色々なことが起こるのは普通じゃなかった。いつもの僕らはバランスの取れたチームだ」

「代表でこんなにシュートを打たれるのは今までになかったことだ。スペインとの(EURO2012)決勝でもなかった。本当に何が起こってもおかしくなかったし、どんな結果になってもおかしくなかった。最終的には僕らにとって良い結果になったけどね」

後半の岡崎慎司のシュート、香川真司のヘディングがクロスバーをかすめた場面、前半に岡崎を倒してPKを取られたプレーについては次のように振り返っている。

「最初の(岡崎の)シュートに少し触ることができて、その後はうまくいった。PKはPKじゃなかったと思う。先にボールに触って、それから相手がぶつかってきたんだから」

おすすめまとめ

1