1. まとめトップ

まるで別人!出っ歯の歯科矯正・劇的ビフォーアフター

歯列矯正で、驚くほど美しくなった横顔の画像をご紹介します。

更新日: 2013年06月30日

77 お気に入り 552124 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

HPLCさん

くちびる、閉じられる?

正しい歯並びをしている人は唇に力を入れることなく閉じることができます。

ところが歯並びが悪いと、左の写真のように力まないと唇を閉じられない人もいるのです。
特にこの現象は出っ歯の人に多く見られます。

上顎前突(出っ歯)矯正の横顔の変化!

出っ歯(上顎前突)の場合は、口唇を意識的に閉じようとするため、口唇の周囲の筋肉(表情筋)が緊張しやすくなります。 そのために、強い口輪筋の緊張があり、あごの部分に梅干し上のしわができてしまいます。

矯正で出っ歯を改善することで、口輪筋の緊張がなくなり自然でバランスのとれた表情になります。

顎の梅干しがなくなりました

Eライン(鼻の先端と顎の一番出ているところを結んだライン)上に上下の唇があるのが理想的といわれています。

Eラインよりも前に唇がきています

Eラインに唇がおさまり、理想的な位置に。

顎の梅干し部分(オトガイ)がなくなって、横顔美人に。

大人になっても歯列矯正をするひとは増えている

大人の歯列矯正を考える人は、子供のころからの出っ歯や受け口や八重歯などのコンプレックスを審美的に改善させるため、歯列矯正治療を受けられる方が多いです。

いつも口元ばかり気にしていた自分を何も気にすることなく大きな口をあけて笑えるように変わりたいという方には歯列矯正はお勧めです。

1