1. まとめトップ

富裕層人口と前年比割合は次のとおり(上位10カ国)。

米国  400.6万人 16.6%

日本  232.7万人 22.3%

ドイツ 113万人  11.4%

中国  75.8万人  17.8%

英国  52.7万人  13.4%

フランス 47.2万人 9.7%

スイス  33.0万人 16.8%

カナダ  32.0万人 7.2%

豪州   21.9万人 5.8%

イタリア 20.3万人 15.6%

竹中平蔵教授は2日都内で開かれた講演会で、安倍晋三政権の経済政策「アベノミクス」に対する「海外投資家の失望感は非常に高まっている」と指摘。岩盤規制に対する改革など十分な成長戦略を実現できなければ「アベノミクスが腰折れするリスクもある」と強調した。

また、日中・日韓の外交問題は日本人が意識されている以上に海外では不透明要因と重視されていると指摘した。

円安が進んだ結果、イタリアと同程度に

 IMFのデータによれば、’12年の日本の1人当たり名目GDPは約4万7000ドルで、世界で10位。各国の経済データが出揃うのは1年以上かかるので、’13年のGDPを国際比較する公式なデータはまだないのだが、為替の変動から簡単に推計することはできる。1ドル=105円、1ユーロ=143円として、’12年のGDPから、筆者が’13年の1人当たりGDPを概算してみた。

日本電子企業の回復傾向が目立つ。過去、戦犯企業に分類されたこれらの復活は安倍総理が 「強い日本」を叫び果敢に浮揚策を施行したおかげで業界の注目をあびている。 最近、自分を「軍国主義者と呼んでも良い」と言った安倍総理はこれまで日本経済を生かすため、 昨年から△物価安定と金融政策緩和△需要創出のための果敢な財政政策△成長戦略実現など '3本の矢'をはなった。この政策の一環で持続した'円高'効果が加勢し、日本企業の収益性が高ま っている。 10日、外信と関連業界によれば第二次大戦の戦犯企業だった松下の新しい名前パナソニックは 昨年2分期(7〜9月)6980億円の純損失を記録したが、今年2分期には純利益615億円で黒字 転換に成功した。また、今年、会計年度(2013年4月〜2014年3月)純利益目標値を今年7月発 表した500億円から1000億円と二倍に上方修正した。 (中略:シャープ、東芝も回復) 日本企業の回復が軍国主義の亡霊をより一層生き返

1





daiba49さん

政敵の悪口ばかりの政治家、広告主や権力批判出来ない新聞テレビは信じません。フィルターの無い・・ウィキリークのようなナマの情報でなければね!
私?知性も野生も感性もない軽い変態ですが!?何か?

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう