1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

水沢アキの息子のジュリアンが登場し、
水沢から長年にわたって虐待を受けていたことを明かした。

水沢アキは1986年にアメリカ人男性と国際結婚をしたが、ジュリアンが6歳のときに離婚。
さらに当時、不動産投資にはまっていた水沢は、バブル崩壊後に約6億5千万円もの借金を
背負うことに。

借金返済のため仕事を詰め込んだ水沢は、そのストレスをジュリアンにぶつけるようになり、
やがて暴力をふるうまでにエスカレートしていった。
やがて息子のジュリアンにストレスをぶつけるようになり、殴る蹴る、
唾を吐く、「死ねばいいのに」と罵倒するなどの暴力を加えていたという。

はじめは「大まかに合っています」と息子への暴力を認めていた水沢だったが、
いざ来日してきた息子を前にすると「覚えていない」とコメント。

ずっと我慢していたジュリアンだが、高校生の時に初めて反抗すると、
水沢は「あんたなんか死んじゃえばいいのに」と言ってツバを吐いた。

それ以来、心を閉ざしたジュリアンは、高校卒業と同時に渡米。

、歌舞伎役者の市川海老蔵が映画『オール・イズ・ロスト ~最後の手紙~』で名優ロバート・レッドフォードの日本語吹き替えを担当することが明らかになった。

紅白に出場し8回目と常連のコブクロ。来年開催の、NHKソチオリンピック・パラリンピック放送テーマソング『今、咲き誇る花たちよ』を歌唱し、五輪選手らへエールを送ることとなる。

 ステージでふたりは笑顔を浮かべながら春を感じさせる歌声をコーラス。長い冬が終わり希望と夢が芽吹く壮大な世界観を歌い上げた。

先日「西田敏行さんが認知症予防のCMにでている」と患者さんから言われて何のことだかわからなかったのだが、どうやら肺炎球菌ワクチンのことらしい、と、今、気がついて、認知症に対し色々思い巡らしている、なう.

グローバル化の進展により、国の枠を超えて活躍する「グローバルエリート」が生まれている。しかし、そのリアルな姿はなかなか伝わってこない。グローバル エリートたちは何を考え、何に悩み、どんな日々を送っているのか? 日本生まれの韓国人であり、国際金融マンとして、シンガポール、香港、欧州を舞台に活動する著者が、経済、ビジネス、キャリア、そして、身近な生活ネタを 縦横無尽につづる。

「ほしのあき、ペニオク詐欺の会見での釈明なきまま、友人のブログに頻出」

「熊田曜子は、ペニオク詐欺の謝罪無しで復活」

「極楽とんぼ加藤、相方、山本の復帰を懇願」

「みのもんた、生放送中にセクハラか?!」
セクハラ疑惑で世を騒がす、みのもんた氏(写真:アフロスポーツ)

なんか、一見どうでもいい問題なのだが、なんなんだろう

1 2