1. まとめトップ

貯水タンクに遺体発見のセシルホテルは、実は呪われたホテルだった

米ロサンゼルスで2月、ホテルの貯水タンク内で若い女性の遺体が発見されたセシルホテル。実はこの事件だけでなく過去に複数の事件がホテルで発生していました。ついに映画化決定、その名は「ザ・ブリンギング」。

更新日: 2016年11月23日

18 お気に入り 220824 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

日本再生さん

米ホテル貯水タンクに変死体、宿泊客が水利用 事故死と判明

出典japa.la

屋上に設置された貯水タンク内に遺体。最長で19日間タンクに入っていたとみられている。

ホテルの貯水タンクに21歳女性の遺体。宿泊客が「水がおかしい」とクレーム、発覚。米ロサンゼルスで2月、ホテルの貯水タンク内で若い女性の遺体が発見された事件で、検死当局は20日、事故による溺死だったとの報告書を出した。

市の公衆衛生当局が行った水質検査ではタンクやパイプ内に人体に有害な細菌などは見つからなかった。

遺体はホテル「セシル」の施設管理担当者がタンクの水圧が低い原因を調べていた際、発見していた。 ロサンゼルス市警によると、女性の両親は今年2月初旬、行方不明届を提出していた。

女性の姿は1月31日に同ホテル内で最後に目撃されていた。遺体がタンク内にあった経緯などは不明で、市警が変死事件として調べている。

1月31日にロサンゼルスで姿を消したバンクーバー出身の女性が貯水タンクの中で遺体となって発見された。

殺される前のElisa Lamさんのエレベーターでの奇妙な行動の意味するものは?

なぜ彼女はこのような行動をとったのでしょうか。

ついに映画化

ライアン・ゴズリング主演映画『ドライヴ』で脚光を浴びたニコラス・ウィンディング・レフン監督が、実際に起きた女性変死事件を基にしたホラー映画『ザ・ブリンギング(原題) / The Bringing』でメガホンを取るかもしれない。

『ザ・ブリンギング(原題)』は、ロサンゼルスにあるセシルホテルの貯水タンクの中で遺体で発見されたエリサ・ラムさんの事件を基にした企画。

脚本を手がけたブランドン&フィリップ・マーフィー兄弟もこの動画からインスピレーションを受けたといい、その死を調査する男の物語になっているという。

当時、死亡数時間前のラムさんがセシルホテルのなぜか扉の閉まらないエレベーターの中で、全ての階のボタンを押したり、何者かから身を隠すような動きをしたりと、一人不可解な行動を取る姿を映した監視カメラの映像は大きな話題を呼んだ。

貯水タンクに遺体発見のロスのホテル、過去にも複数の事件

ツアーガイドのリチャード・シェーブさんによると、このホテルは血塗られた歴史をもつ名所としても知られるという。

複数の連続殺人犯が滞在した過去

彼は事件の起きた1985年、セシルの最上階に滞在していた。

1984年から1985年にかけて、ロサンゼルス郊外を中心に無差別に民家を襲撃し、暴行、レイプ、強盗などを働き、うち13人を殺害した。自らを悪魔崇拝者と標榜したその残虐な犯行は、カリフォルニア州全体をパニックに陥らせた。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%A9%E3%83%9F%E3%83%AC%E3%82%B9

91年にセシルに滞在。ジャーナリストとしてオーストリアの雑誌にロサンゼルスの犯罪に関する記事を書いていた。

セシルに滞在中、ロサンゼルスで3人の売春婦を殺害したとされる。

かくして11件の殺人容疑で起訴されて、9件の殺人で有罪となったジャック・ウンターヴェーゲルは、その日に拘置所の中で首を吊って自殺した。
http://www5b.biglobe.ne.jp/%257emadison/murder/text3/unterweger.html

1950~60年代、飛び降り自殺の名所に

ガイドのクーパーさんによれば、1950~60年代にかけてセシルは飛び降り自殺の名所として知られていた。

1954年10月22日、50歳代の女性が7階の窓から飛び降り、ホテルの入り口のひさしに落ちた。
62年2月11日には、8階の窓からやはり女性客が飛び降り自殺を図った。
1962年10月12日には、27歳の女性が夫との口論の果てに9階の窓から飛び降りた。女性は下の歩道を歩いていた65歳の男性に激突、2人は即死した。

未解決の殺人事件も

ホテル内では殺人事件も起きている。64年6月4日、元電話交換手のゴールディー・オズグッドさんの遺体が発見された。部屋は荒らされ、オズグッドさんはナイフで刺されて首を絞められ、レイプされていたという。

オズグッドさんは近くの公園のハトをかわいがっており、よく餌をやる姿が目撃されていたという。事件はいまだに解決していない。

まさに落ちぶれた人々の行き着く先となっていた

1970~80年代も多くの「落ちぶれた」人々がセシルに暮らした。「限られた収入の中で必死に生活していたのだろう」とシェーブさんは語る。

タンクに死体といえばNYのセシルホテルのエリザベス・ラム事件を思い出す…。あのエレベーターの映像は不可解だったよね。

うえー去年いくこさんと泊まったLAのメイン通りにあるセシルホテルでカナダ人の女性が殺されて貯水槽に捨てられてて宿泊客がその水を飲んでたらしい (´Д`)泊まった人のレビュー見ててもワーストホテルとかギャングのたまり場とか泊まった人は不幸になるとか書かれてた。何もなくてよかった!!

さっきのホテルの貯水槽から若い女性の遺体が見つかった事件、台湾では生前の女性がエレベーターに乗った際の監視カメラの映像が公開されてました。誰も居ないのに喋って隠れてなんか変な感じで…。それから、屋上の貯水槽にどうやって登ったのかも謎なんだそう。

1 2