出典 www.cnn.co.jp

自殺の名所になったセシルホテル

1954年10月22日、50歳代の女性が7階の窓から飛び降り、ホテルの入り口のひさしに落ちた。
62年2月11日には、8階の窓からやはり女性客が飛び降り自殺を図った。
1962年10月12日には、27歳の女性が夫との口論の果てに9階の窓から飛び降りた。女性は下の歩道を歩いていた65歳の男性に激突、2人は即死した。

この情報が含まれているまとめはこちら

貯水タンクに遺体発見のセシルホテルは、実は呪われたホテルだった

米ロサンゼルスで2月、ホテルの貯水タンク内で若い女性の遺体が発見されたセシルホテル。実はこの事件だけでなく過去に複数の事件がホテルで発生していました。ついに映画化決定、その名は「ザ・ブリンギング」。

このまとめを見る