1. まとめトップ
  2. 雑学

登山、アウトドアに持ってこ!いざという時の保存食・非常食

シーズンを迎えレジャーの機会も増加中。いざという時にそなえて!

更新日: 2013年06月23日

502 お気に入り 153887 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

wampoさん

普段は控え目を心がける食品カロリー。

しかし登山やアウトドアでは、もしもの時に
高カロリー食が命をつなぐ事もあります。

車やカバンにしのばせておくと
非常時に役に立つかもしれない、
高カロリーな携帯食の勧めです。

山の行動食にならう、携帯食のポイント

のどが渇いていても水なしで食べられるものを選びましょう

水は外では思ってるより貴重。

行動中はエネルギーのすみやかな補給が必要

糖類は即効性に優れる。持続性は低い。

安価で栄養豊富な乾物

軽くて持ち運びやすい。そのまま齧る事も出来る。

まさかの時の栄養保持には
油分が大切になってきますが、
ちょっとしたレジャー等でも
疲れを溜めないように、糖分を中心とした
おやつをこまめにとるといいみたいです。

飴とナッツ、など複数持っていれば
より安心ですね。

登山する人がよく持って行くもの

甘納豆。干しぶどう。カロリーメイトのようなもの。アーモンド。

圧縮したパン耳とピーナッツバターやハチミツ・あんこチューブ

ミニ羊羹、チーズ、魚肉ソーセージ

これくらいなら普段のカバンにも入りますね。

登山時の携帯非常食は昔はチョコレートでしたが、今はマヨネーズ

チョコは夏溶けるデメリットがある。

登山等で遭難し、マヨネーズで
生還した例があります。

マヨネーズのカロリーは300g入りで
およそ2000kcal。これは
成人のダイエット中では1000kcal以下に
おさえる事もありますので、およそ丸2日は
なんとかなるエネルギー量であります。

遭難時には頼もしい数字です。

自分で作る!ペミカンって何?

カナダのネイティブ・インデアンが使用していた保存食

動物性脂肪に、粉砕した干し肉とドライフルーツなどを混ぜ、
密封して固める

様々なレシピあり

そのままペミカン囓ってもいけますよぉ

高栄養食ペミカンを自作された方の画像。
1年の、そして3年の保存に成功されました。

肉と野菜たっぷりのルウのようでもあります。
あれこれ自作してみるのも興味深いですね。
(お腹を壊さないように注意!)

参考http://www.geocities.jp/henatool/pemi.htm

その他高カロリーなもの

おなじみ?フジパンの
メロンクーヘン。
菓子パンは総じてハイカロリーですが、
これは一つで1400kcalあります。
ちょっと大きめサイズです。

こちらは山パンのさくほろな食感の
ドーナツ、ローズネットクッキー。
手のひらに乗る普通のドーナツサイズ。
それが一つで515kcal
(658kcalという話も)もあり。

残念ながら日持ちはそんなにしないですね…

森永などから販売されている練乳チューブ。
カロリーは329kcal(100g当たり)。
一本は130gですので428kcalですね。

保存もきくし、持ち歩きやすいかも。
チョコミルク味もあるようです。

チョコの情報→http://www.morinagamilk.co.jp/products/dryfood/rennyu/255.html

カロリーの詳しいデータ

保存性の高い食品のカロリーを
まとめた画像です。

ちょっと意外な感じも。
スナック系は総じて高カロリーかも。

補足リンク

1