1. まとめトップ

[ぽつん] ひとりさみしく感じた時のちょっとしたヒント

仕事が終わって帰り道も一人、家に帰ったも明かりはついてなくて、もちろん音も何一つしなくて、なんか急にさみしくなることがあります。恋人も、電話を気軽にできる友だちもいない。そんな、ひとりさみしく感じた時のちょっとしたヒントをまとめてみました。

更新日: 2013年06月23日

98 お気に入り 49261 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

yetianさん

一人暮らしをしていて寂しく感じるのは、あなた一人ではありません。もしかしたら、この壁の向こうに暮らすお隣さんも、たった今、寂しいと感じながら過ごしているのかもしれない。そんなふうに想像してみると、ほんの少しだけかもしれませんが、気がラクになってきませんか。

ひとりは自由で気楽だけれど、寂しいこともある。良い面も悪い面もあることを考えれば、一人暮らしをする者としては、甘んじて受け入れなければならない感情ともいえるかもしれませんね。

ひとりでいることを忘れるくらい、ひとりでも打ち込める何か、楽しめる何かがあると、寂しさは和らぎます。

仕事や勉強、恋愛や友人関係でのストレス、長時間労働や睡眠不足、体調不良などの原因が思い当たるときは、まずそれを取り除くよう心がけて。身体と心はつながっています。

女性ならば、ゆっくりと顔パックをしたり、スチームをあてたり、ストレッチをしたり、お肌や体のメンテナンスもおすすめ。

半身浴をする。アロマオイルやお風呂用の古本、好きな音楽など、リラックスできるアイテムを用意するとより効果的です。

抱き枕を目をつぶって思いっきり抱きしめてみてください。人肌とまではいきませんが、誰か(恋人なり友人なり)を抱きしめている気になります。

本を読む。一人暮らしは誰にも邪魔されることなく自分の時間を作ることができます。その特権を生かして、読書に夢中になるのもオススメです。

自暴自棄にならないよう注意して。一人暮らしでは自分で自分を止めなければ、歯止めが効かなくなってしまうことがあります。

つらい時は思いっきり泣く。寂しいときは無理に自分の感情を否定せず、思いっきり泣くと意外と気が落ち着くこともあります。

自分ひとりでは感情を止められないときは、誰かに相談することで気持ちが変わることがあります。一人暮らしであっても、何もかも一人で解決しなければならないわけではありません。

自分が他の人からどう思われるかを気にせず、自分が心地いいことや楽しいことに一生懸命にやってみる。

ひとりでできることが増えると、毎日は楽しくなります。自分にも自信がつきます。それが寂しさとも上手に付き合っていくヒントなのかもしれません。

でも、いつか

1