1. まとめトップ
  2. デザイン・アート

【違和感の美】不思議な気分に浸れる非現実な世界観の写真集

ありふれた日常も視点が変わればあっという間に見慣れぬ世界に変わる。

更新日: 2014年10月29日

2100 お気に入り 584538 view
お気に入り追加

『small planet』

都会のビル群、競馬場、人の溢れる真夏のプール。なんてよくできた模型だろう、と誰もが思う。そしてそれが作りモノではないと知り、再び驚かされる。

東京都出身。大判カメラを使用し、人物や建造物をミニチュアのように撮影する独自のスタイルを確立。『small planet』(リトルモア刊) で第32回「木村伊兵衛写真賞」を受賞。

他にも同じアプローチで撮った写真集を出版しています。

いくらアオリ写真がとれるカメラを持って写真を撮りまくっても、本城直季さんが見た「small planet」は誰にも見えない。

本城直季の写真を見ると、これは自分の住んでる世界だったのか!と衝撃を受けた人もいそうです

『本日の浮遊 Today's Levitation』

埼玉県出身。まるで空中に浮かんでいるような不思議なセルフポートレート作品『本日の浮遊』シリーズが話題となる。

林ナツミ著 『本日の浮遊』。町中、浴室、駅などの地面から数センチ浮かぶ女性。ここに写るのは、すべて作家の林ナツミ自身。写真はウェブサイトを通じて日記形式で公開。日常の風景の中に違和感が生まれ、見る人に不思議な感覚を与えている。 fashionjp.net/soen/culture/n…

『Loretta Lux』

東ドイツ・ドレスデン生まれ。1999年から写真を始めヨーロッパ・アメリカを中心に高い評価を得ている。

パステル調の淡い色調に縁取られた無垢な瞳を持つ子供達。初めて見た時は絵ではないかと思ったのだが、デジタルカメラで撮影した子供達(多くは友人の子供達。)と風景写真、及び描いた背景物をデジタル合成、色彩を調整したものをプリントしている。

1 2 3





このまとめへのコメント4

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

1

小佐見千代子さん