けど、こういう光景はなんだか懐かしいな。修学旅行や林間学校の帰りのバスみたいだ。はしゃぎ疲れたクラスメイトたちは元気を使い果たして静かになっているのだが、俺は特に元気を使うシーンもなかったせいで、一人冴え切った眼でずっと外を見ていたものだ。

出典4巻 p67

千葉村にボランティアに向かう車中での回想。ちょっとわかる。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

明日使える! 「ぼっち」比企谷八幡の痛快名言100選【やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。】

自称・ぼっちマイスター、比企谷八幡(ひきがやはちまん)。世の中を冷徹に見通す彼の言葉には、思わず頷かされるものばかり。ギャグとシリアスの絶妙なバランスで展開される彼の「ぼっち流」思想を、6つのカテゴリに分けて100個もご紹介!

このまとめを見る