出典 www.cramer.co.jp

交代浴

この方法は、患部のポンプ効果を引き出して、蓄積した老廃物の除去を促すことを目的とします。身体は冷やされた部位を温めようとし、逆に温められた部位の温度を下げようとします。

温度と時間の設定はいくつか説がありますが、温水は約40℃、それに対し冷水は15~20℃の範囲が一般的です。温水で3分暖めたら、すぐ冷水で1分冷やす方法と、温水4分:冷水1分の設定で行うなど様々です。このサイクルを3~4回繰り返します。

この情報が含まれているまとめはこちら

スポーツするなら知っておきたい「アイシング」のアレコレ!!

スポーツ外傷の応急処置や疲労回復を早めたりと、何かと役立つ「アイシング」。だけども間違えてたら効果もイマイチ。ポイントをしっかり押さえて効果的な「アイシング」を!!

このまとめを見る