1. まとめトップ
3 お気に入り 62409 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ノスタルジックな郷愁に誘われる駄菓子たち、、、

50円もらって通った近所の駄菓子屋さん。子供達の社交場でしたよね?

いかに安く、いかに長く楽しめるお菓子やおもちゃを探すか?ガムのくじやカード引きなんかもあって楽しかった思い出がよみがえりますね。

うまい棒やチロルチョコ、ベビースターラーメンなんかは今でもお菓子の定番として残っているのだから大したものです!

ドンパッチなんてめちゃくちゃ懐かしいですね!

口に入れると口の中でパチパチはじけるっていう(笑)

なんだかんだ言って、モロッコヨーグルや粉ジュースの素なんかもよく買ってたなあ。

これが、その「ドンパッチ」
AGF発売で80円だったのですね。
今、復刻発売しても話題になって売れそう(笑)

餅太郎ってなにげにどこにも置いてある定番駄菓子ですね。
素朴なサクサクあられです。

出典ameblo.jp

黒糖がコーティングされていて、はじっこのカリカリの部分がおいしかったなあ、、、

ぬるい水に溶かすとまずかったけど(苦笑)
水の分量がポイントでしたね。

これは、あまり馴染みがなくてわからないなあ、、、?

現在もある定番の駄菓子。
10円だったので子供の味方でしたね。
色んな味のバリエーションがあって選ぶ楽しさもありました。
個人的にはサラミ味が好きでした!

なんでモロッコなのかわかりません(笑)
なんか意外とコクがあって美味しいんですよね。
あんまり食べ過ぎると胸焼けしそうですが、、、

懐かしい郷愁にひたれます。
チョコ味が当たりで、ハッカ味がはずれのような感じでしたね。

これは8の字タイプのやつですね。
食べ終わったらメガネのようにして遊んでました(笑)

今でもある定番の駄菓子。
お酒のおつまみとしてもイケます!!

出典ameblo.jp

冗談のようなネーミング(苦笑)
あの頃、こういった不思議系の駄菓子って色々発売されてましたね。
子供が遊びながら食べられるっていう、、、

ジュースみたいな入れ物が画期的でした。
コーラタイプもありましたね。
価格は20円か30円ぐらいだったと記憶してます。

これ、今でも売ってますね。
こんなに大きいので食べ応えがありました。
値段も安くて子供向けです。

ニッポーっていう会社が作ってたんですね。
シャンペンソーダなんて、なんかオシャレ(笑)

これも今でも売ってます。
ちょっと固いんだけど、子供にはカツのように思えたものです。

うすっぺらいペラペラのシートみたいな感じでしたね。
これも確か魚のすり身みたいなやつじゃなかったっけ?

うまい棒にチョコ味が出たってことで子供たちの間で話題になりました。

現在ではこんな”大人買い”もできます(笑)

あたり付きらしい。
当たるともう1本もらえるのかな?
55本中15本も当たりなんて、結構高確率かも。

1 2 3