1. まとめトップ
  2. 雑学

知ってた?日本のウィスキーはすでに世界最高レベル【受賞銘柄まとめ】

世界で最も権威のあるウィスキー賞であるWWAとISCにおいて最高賞を受賞した商品をまとめました。サントリーやニッカだけでなく、最近は地方産のウィスキーも受賞しています。

更新日: 2017年07月15日

483 お気に入り 466274 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ekizoさん

ワールド・ウィスキー・アワード(WWA)とは?

本場・英国のウイスキー専門誌「ウイスキーマガジン」が主催する

インターナショナル・スピリッツ・チャレンジ(ISC)とは?

世界最高の権威と影響力を保持し、敬意を集める蒸留酒の品評会

発表!WWAとISCで歴代の最高賞を受賞した、日本産ウィスキーは?

※「ベスト・オブ・ザ・ベスト」は「ワールド・ウィスキー・アワード」の前身で、ウイスキーマガジンの発行元であるパラグラフ・パブリッシング社が2001年、2003年、2004年に開催した。

2001年のベスト・オブ・ザ・ベスト、総合第一位。

「日本のウイスキーが世界最高点を獲得したのは、当時、『シングルカスク余市10年』が初めてのことでした」(http://www.nikka.com/special/yoichi/prize.html)。

ちなみにシングル・カスク・ウィスキーとは、1つの樽から作られたモルトウイスキーのみを瓶詰めしたもの。

2004年、2006年、2007年、2008年のISC「トロフィー(最高賞)」。
2007年、2008年のWWA「世界最高のブレンデッド・ウィスキー」。

ちなみにブレンデッド・ウィスキーとは、大麦麦芽を原料とするモルトウィスキーと、トウモロコシと大麦麦芽を5:1の割合で配合して作られるグレーンウィスキーを混ぜて作ったもの。

2007年、2008年、2009年、2010年、2011年のWWA「世界最高のブレンデッド・モルト・ウィスキー」。
2009年のISC「トロフィー」。

ちなみにブレンデッド・モルト・ウィスキーとは、複数の蒸留所で作られたモルトウイスキーを混合して瓶詰めしたもの。

2008年のWWA「世界最高のシングル・モルト・ウィスキー」。

ちなみにシングル・モルト・ウィスキーとは、1つの蒸留所で作られたモルトウイスキーを瓶詰めしたもの。

2010年、2011年、2013年、2016年、2017年のWWA「世界最高のブレンデッド・ウィスキー」。
2014年から毎年、ISC「トロフィー」。

2010年のISC「トロフィー」。
2011年のWWA「世界最高のシングル・モルト・ウィスキー」。

2012年、2014年のWWA「世界最高のブレンデッド・モルト・ウィスキー」。

2012年のWWA「世界最高のシングル・モルト・ウィスキー」。

2013年のWWA「世界最高のブレンデッド・モルト・ウィスキー」。

世界を驚かせた受賞。「竹鶴」の独壇場だった分野で、鹿児島+山梨のブレンデッド・モルト・ウィスキーが初エントリー、最高賞受賞とあいなった。

本坊酒造はサントリーと並ぶ総合酒造メーカーで、ニッカ創業者で日本のウィスキーの父と呼ばれる竹鶴政孝の師匠にあたる岩井喜一郎が顧問を務めていたこともある。

2017年のWWA「世界最高のシングルカスク・シングルモルト」。
「イチローズ・モルト」がついにWWA最高賞を受賞。

でもお高いんでしょ?

※700mlを基準にしました。価格はまとめ作成時のものです。

1 2