アマラとカマラは、1920年にインドのミドナプール付近で狼とともに暮らしているのを発見された二人の少女

出典くだらない情報です。 - 狼少女 アマラとカマラは存在したの?

現在の西ベンガル州ミドナプール付近で発見された、野生児とされています。

次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

世界が騙された「オオカミ少女」というウソ

インドで発見された2人の少女、アマラとカマラを覚えていますか?親に捨てられ、狼に育てられた野生児の有名な話で、教育の重要性を説くための物語としても広く教えられてきました。…が、この狼少女の物語は、現在では完全に否定されているようです。

このまとめを見る