昔、小学校の教科書などに載っていた

出典★実は嘘だった!? 都市伝説「オオカミ少女アマラとカマラ」 : 知識の泉 Haru’s トリビア

1926年に「ニューヨークタイムス」などで紹介されたのがきっかけで世界中に広まり、日本の小学校などの教科書にも幼少期の教育の大切さを実感させる実話として、この話が掲載されていました。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

世界が騙された「オオカミ少女」というウソ

インドで発見された2人の少女、アマラとカマラを覚えていますか?親に捨てられ、狼に育てられた野生児の有名な話で、教育の重要性を説くための物語としても広く教えられてきました。…が、この狼少女の物語は、現在では完全に否定されているようです。

このまとめを見る