1941年にアメリカの心理学者のゲゼルがこの物語を紹介する本を書いたのがきっかけで、「オオカミ少女」が再ブームになりました。ゲゼルは心理学の権威だったため、当時のアメリカでも大勢の人が信じた

出典★実は嘘だった!? 都市伝説「オオカミ少女アマラとカマラ」 : 知識の泉 Haru’s トリビア

子どもの発達研究の分野のパイオニアとされる米国の心理学者、アーノルド・ゲゼルによって紹介されたのをきっかけに、いったん鎮静化していたオオカミ少女の話は再度世界中で話題となりました。彼は直接にそのオオカミ少女たちを見ておらず、シング牧師の話を信じてしまったのです。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

世界が騙された「オオカミ少女」というウソ

インドで発見された2人の少女、アマラとカマラを覚えていますか?親に捨てられ、狼に育てられた野生児の有名な話で、教育の重要性を説くための物語としても広く教えられてきました。…が、この狼少女の物語は、現在では完全に否定されているようです。

このまとめを見る