オオカミの群れは餌を求めて広範囲を移動するが、その速度は時速50kmに達し、人間の短距離走者でさえ時速36kmほどしか出せないことを考慮すると幼児が移動に耐えられるとは考えにくい

出典アマラとカマラ - Wikipedia

年少の子(アマラ)は、保護時約1歳6ヶ月と推定されており、とてもオオカミの移動速度にはついていけなかったのでは。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

世界が騙された「オオカミ少女」というウソ

インドで発見された2人の少女、アマラとカマラを覚えていますか?親に捨てられ、狼に育てられた野生児の有名な話で、教育の重要性を説くための物語としても広く教えられてきました。…が、この狼少女の物語は、現在では完全に否定されているようです。

このまとめを見る