一年たってアマラは腎臓炎で死亡。その8年後にカマラもまた、アマラの後を追い死亡

出典「狼に育てられた少女がいる」という神話 | 「いんちき」心理学研究所

寄生虫に冒されるなど、病によりアマラは1921年9月21日に腎臓炎で死去、カマラも1929年11月14日、尿毒症によって死亡しています。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

世界が騙された「オオカミ少女」というウソ

インドで発見された2人の少女、アマラとカマラを覚えていますか?親に捨てられ、狼に育てられた野生児の有名な話で、教育の重要性を説くための物語としても広く教えられてきました。…が、この狼少女の物語は、現在では完全に否定されているようです。

このまとめを見る