カマラは成長の過程で少しずつ人間らしさを取り戻しましたが、推定17歳で亡くなるまでに3~4歳の知能までしか発達することができませんでした

出典環境の大切さ 狼少女・アマラとカマラの話

保護後も9年間生き続けた年長のカマラは、訓練の結果単純な社会的行動も見られるようになったが、それ以上の成長はなかったといいます。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

世界が騙された「オオカミ少女」というウソ

インドで発見された2人の少女、アマラとカマラを覚えていますか?親に捨てられ、狼に育てられた野生児の有名な話で、教育の重要性を説くための物語としても広く教えられてきました。…が、この狼少女の物語は、現在では完全に否定されているようです。

このまとめを見る