カマラを実際に見たことがあると証言する人のうち、四つんばいで移動したり生肉を食べたところを目撃した人はひとりも確認されなかった

出典アマラとカマラ - Wikipedia

社会学者のウィリアム・F・オグバーンと文化人類学者のニルマール・K・ボースが1951年から1952年にかけて行った現地調査では、2人が孤児院に存在していたことは認められたものの、シング牧師(調査時は既に死去)が話しているような事実は確認できなかったとされています。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

世界が騙された「オオカミ少女」というウソ

インドで発見された2人の少女、アマラとカマラを覚えていますか?親に捨てられ、狼に育てられた野生児の有名な話で、教育の重要性を説くための物語としても広く教えられてきました。…が、この狼少女の物語は、現在では完全に否定されているようです。

このまとめを見る