1. まとめトップ

何故全国で販売しない?道民が愛する炭酸飲料「ガラナ」

北海道ではコーラ並みに愛されている炭酸飲料「ガラナ」。その魅力と歴史についてまとめます。おまけとして東京でガラナを飲める店をまとめました。

更新日: 2017年04月20日

anpeppeさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
8 お気に入り 204230 view
お気に入り追加

北海道に住んでいると日常的に売っている・・「ガラナ」

何故、北海道だけでこんなにプッシュされているかというと理由があります

日本では1958年、アメリカのコカ・コーラに対抗するため、全国清涼飲料協同組合連合会が開発した。特にコカ・コーラの製造が他の都府県に比べ遅かった北海道では、コーラ飲料より一足先に普及した。全国をコカ・コーラ等大手飲料水メーカーが席巻し都府県の中小飲料メーカーが廃業する中でも、北海道では根強い人気を持ち、その名残として未だに中小メーカーや大手飲料メーカーが北海道限定品として販売している物が多い。

どんな味なのか?

"@HokkaidouBot: 〈ガラナ①〉コーラの製造が遅れた北海道で普及した炭酸飲料。その味は「ドクターペッパーに似た少し薬のような味」や、「濃い麦茶にジンジャーエールを混ぜたような味」とか言われる、何とも表現しがたい味。" どくぺよりこっちだわ

@hrxxkgr ガラナってコーラに近い飲み物!!味聞かれてもガラナとしか答えられないんだよね…UFOクソまずだよ;_;やきそば弁当厨ですどうも!

ガラナはガラナの味でしかない。 麦茶とかドクペとかわけわかめ(´ω`)

つ~かガラナってなんなん?

果実は小さく丸く、房状に生る。果皮は赤く、熟すると実が弾け、黒い種が現れる。ガラナの種子にはカフェインやタンニンが豊富に含まれており、ここからアルコール抽出したエキスは疲労回復や滋養強壮に用いられる。グアラニー族は種皮をむいて洗った種子を粉にし、練って固形状にしたものを必要に応じてすりおろして湯に溶かし、砂糖で甘みをつけて飲料とする。

ブラジルでは主に飲料として盛んに利用されている。日本では、ガラナを配合したチョコレートが強壮剤の一種として販売されるが、一般的には炭酸飲料であるガラナ飲料が知られる。また近年では、ガムやタブレットに配合されたものが販売されている。

ブラジルが原産の植物であるガラナは、種子を加工して頭痛の治療薬や鎮痛剤として使用されていました。
ガラナには、コーヒーの約3倍のカフェインが含まれており、近年では滋養強壮効果も期待されています。

熾烈なシェア争いが繰り広げられている

VS

@_tenacco コアップガラナ!!!!申し訳ないがキリンガラナはNG

1 2





下記はmyまとめの索引です。
ラーメン系http://p.tl/b_q2
サッカー系http://p.tl/zxnE
エンタメ系http://p.tl/bwaH
野球系http://p.tl/AduY