1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

keioooさん

★the TEAM ザ・チーム

黒いサングラスをかけた派手な衣装のおばさん。この人こそ、今をときめく、霊導師・能城あや子。テレビ番組の人気コーナーを持ち、個別の相談は30分8万円にもかかわらず、5カ月待ちという盛況ぶり。悩みをぴたっと言い当て、さらに奥深くにある真実を探り当てる。恐るべし霊視の力…ではなく、実は彼女のバックには、最強、最高の調査チームがついていたのだ。弱きを救い、悪を討つ。爽快・痛快連作短編集。

いや~こんな短編があるとは。後味のよさは、過去に読んだ作品の中で最高かもしれません。
登場人物全員が誰が主人公かわからないほどに個性が際立ち、魅力にあふれている。
引き際の良さまで見事なまでだが、もうこの登場人物に出会うことはないのだろうかと
一抹の寂しさすら感じるぶったぎりラストはお見事としか言いようがない。

★千里眼

房総半島の先にそびえる巨大な観音像を参拝に訪れた少女。突然倒れたその子のポケットから転げ落ちたのは、度重なるテロ行為で日本を震撼させていたあるカルト教団の教典だった…。すべてはここから始まった!元航空自衛隊の戦闘機パイロットにして、現在戦う臨床心理士岬美由紀の活躍を描く、千里眼シリーズの原点が、大幅な改稿で生まれ変わり、クラシックシリーズとして刊行開始!待望の完全版。

千里眼、始めて読みました。旧作は未読です。
エンターテイメントとして、非常に面白い小説だと思いました。大作ですね。シリーズとして12くらいまであるということなので、今後の楽しみができました。
読む前、先入観で本作を「色もの」として見ていたので、買ったままず~っと寝かせっぱなしでした。もったいない。もっと早く読むべきだった。

本書の面白いところは、十分なボリュームと、飽きさせないストーリー展開、散りばめられた心理学やら何やらの知識、といったところでしょうか。それなりのページ数があるのに、まったく時間を感じさせません。もっと評価されて良い作品ではないか、と感じました。

★グレイヴディッガー

中世の魔女裁判期に登場した殺人鬼「グレイヴディッガー(=墓堀人)」をまねた大量殺人事件が発生した。煮えたぎった浴槽に浮かぶ変死体。偶然にもそれを発見してしまった主人公・八神は、謎の集団に追われることになる。今までの悪行をかえりみて挑もうとしている、人生初の人助け「骨髄提供」を全うするため、八神は逃げる。カルト集団や公安警察の手をかいくぐっての逃亡劇。はたして無事病院にたどり着けるのか…。

とにかくノンストップ痛快アクションです。
最初の40ページですっかり虜になり、それ以後読み切るまでこの本が離せません。
何を読んでいいか悩んでいる方、熱くなりたい方、すべての方にお薦めします。
気の利いたエンディングまでノンストップで読みましょう。
絶対に読んで損のない本です。

★99%の誘拐

ミステリー史上に残る空前にして絶後の誘拐十年の時を隔てて結びつく二つの誘拐事件。身代金のダイヤ原石を運ぶよう指名されたのは、かつての事件で誘拐された男だった。綿密に計画された事件の全貌とは?

このお話は冒頭がすごいです!
事件が「ぱっ」っと始まったと思ったら、ビュンビュンと物語が“通過”していきます。
否応のない(そして決して不快でない)この引き込み方は本当に見事!!
ついついページをめくってしまうという現象に後から気づきます。高級カーに乗せられて、景色が見えない道路をつれまわされているような感覚ですかね。

★陽気なギャングが地球を回す

嘘を見抜く名人、天才スリ、演説の達人、精確な体内時計を持つ女。この四人の天才たちは百発百中の銀行強盗だった……はずが、思わぬ誤算が。せっかくの「売上」を、逃走中に、あろうことか同じく逃走中の現金輸送車襲撃犯に横取りされたのだ! 奪還に動くや、仲間の息子に不穏な影が迫り、そして死体も出現。映画化で話題のハイテンポな都会派サスペンス!

銀行強盗4人組のお話.
ですが,人を傷つけたりするなどということはありません.
計画的に,そして美しく去っていく愉快な人たちです.

4人それぞれが特技を持ち合わせているわけですが,
中でも『おしゃべりな男』の個性は抜けておもしろいと思います.

★ディスコ探偵水曜日

迷子専門の米国人探偵ディスコ・ウェンズデイは、東京都調布市で、六歳の山岸梢と暮らしている。ある日、彼の眼前で、梢の体に十七歳の少女が〈侵入〉。人類史上最大の事件の扉が開いた。魂泥棒、悪を体現する黒い鳥の男、円柱状の奇妙な館に集いし名探偵たちの連続死──。「お前が災厄の中心なんだよ」。ジャスト・ファクツ! 真実だけを追い求め、三千世界を駆けめぐれ、ディスコ!!

超展開につぐ超展開、どんでん返しをどんでん返してまたどんでん返し……
見立て殺人とかタイムスリップとか憑依とか、なんでも有り有りで読んでるほうは段々頭がぐるぐるしてくるけれど、物語は方向性を見失うことなく、遠回りしながらもきちんと最初の目的へ向かって進んでいく。無駄な部分なんてひとつもなく、すべての出来事・言葉に意味がある。
と、そういう部分に何だか胸をうたれたり、キャラクターのよさにニヤニヤしたり、あまりの展開に大興奮したり、ともかくめちゃくちゃ楽しみました。
ミステリーだけど、SF要素も混じっていて、ラノベ的でもあり……。これは最早「舞城王太郎」という新ジャンルと言っても過言でないのでは?

★葉桜の季節に君を想うということ

主人公が悪徳商法の実態を暴くべくハードボイルド風に活躍するエピソードと、
運命的に出会った女性、麻宮さくらとの恋愛模様が並行して書かれ、
合間に一見無関係に見えるような、別の人物視点の話や主人公の過去のエピソードが挟まるのですが、
一見バラバラに見えるこれらが全て無駄なく組み立てられていることに感嘆します。

★オレたちバブル入行組

大手銀行にバブル期に入行して、今は大阪西支店融資課長の半沢。支店長命令で無理に融資の承認を取り付けた会社が倒産した。すべての責任を押しつけようと暗躍する支店長。四面楚歌の半沢には債権回収しかない。夢多かりし新人時代は去り、気がつけば辛い中間管理職。そんな世代へエールを送る痛快エンターテインメント小説。

さすがは元銀行員の著者である。銀行内部の話にリアリティーがあり、
筆致も緻密で、構成もよく練られ、まるでドキュメンタリーを読ん
でいるかのようによくまとめられた読み応えのある一冊で、著者の
力量を感じる。
読み出せば、あっという間に半沢直樹に移入しながら引き込まれ、
最後は痛快さに読了感も爽やかである。この後も数冊刊行されるこ
とになる「半沢直樹シリーズ」の先駆けとなる本である。

★夏への扉

ぼくの飼っている猫のピートは、冬になるときまって夏への扉を探しはじめる。家にあるいくつものドアのどれかひとつが、夏に通じていると固く信じているのだ。1970年12月3日、かくいうぼくも、夏への扉を探していた。最愛の恋人に裏切られ、生命から二番目に大切な発明までだましとられたぼくの心は、12月の空同様に凍てついていたのだ。そんな時、「冷凍睡眠保険」のネオンサインにひきよせられて…永遠の名作。

一気に読ませる痛快SFサスペンスです。
プロットが緻密で終盤の畳み掛けるような展開が秀逸です。
長い間積読状態でしたが、早く読めばよかったと少し後悔しました。
名作との評判に偽りはありません。
SFに馴染みのない方でも十分楽しめる作品だと思います。

★I'm sorry, mama.

私は、女の顔をした悪魔を一人知っているのです。その女のしたことを考えるだけで、ぞっとします。彼女の本当の名前が何というのか、今現在、何という名前を名乗っているのかは知りませんけど、もちろん彼女はまだ生存していて、人を騙し続けています。そして、へいぜんと人を殺し続けています。かつて女であった怪物たちへ、そして、これから怪物になる女たちへ捧ぐ、衝撃の問題作。

著者近影がいずれもゴージャスな装いにハイセンスな髪型、自信たっぷりな笑顔ばかりなのですが、それも納得。そうでなきゃ嘘だ! と思えるくらい、もうコテコテの邪悪。あまりにも悲惨、ものすごくひどくて逆に笑ってしまうようなおそろしい本です。

登場人物の視点を章ごとにいれかえながら、養護施設と置屋という、ある意味極限の設定の中で濃密な人間関係をクロスさせ、ホテル王(女性ですが)の子息誘拐(ちゃちすぎる)など、主役のアイ子のいきあたりばったりで無計画で何も考えてない「気分」のままに繰り返される悲惨な事件。

これだけヒドい内容を疾走感すらもたせて一気に読ませてしまうのはさすがです。きっと若書きの作家だったらこの本の1章ごとに1冊書いてしまいそうなハチャメチャな内容。

しかし「現代」をこれほど端的に表現した本もないのではないでしょうか・・・「その先」への危惧を一番強く感じさせられました。

1