1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

homeearthさん

先日、きゃりーぱみゅぱみゅさんが、「おしゃれイズム」に出演

きゃりーぱみゅぱみゅさんが今一番会いたい人として、アニメ「アンパンマン」の悪役である「ばいきんまん」が登場しました。

本当にきゃりーぱみゅぱみゅさんが会いたかったのはばいきんまんの声優である中尾隆聖さん。

2013年第3弾となるシングル「インベーダーインベーダー」。タイトル曲は「ジーユー」CMソングとして大量オンエア中のアッパーなナンバー。

ネットでは、このきゃりーぱみゅぱみゅさんとばいきんまんの共演について、「一見ワルっぽいように見えるけど私には優しい・・・確かにバイキンマンとドキンちゃんの関係」「ぱみゅぱみゅとバイキンマンのコラボ可愛いすぎていとほっこり」などと、話題になっています。

その、「きゃりーぱみゅぱみゅ」さんが好きな声優をご紹介

中尾 隆聖
プロフィール
本名 竹尾 智晴 たけお ともはる
愛称 トモちゃん
性別 男性
出生地 日本,東京都
生年月日 1951年2月5日(62歳)
血液型 A型
身長 165 cm

3歳の頃に児童劇団「劇団ひまわり」に入団。5歳でラジオドラマ『フクちゃん』でデビュー。

中学生で一人暮らしを始める。

その後

新宿でスナックを経営しながら、役者の仕事を続けた。

81ドラマティックカンパニーでの舞台に多数出演。また同公演での演出も多数担当し、ミュージカルを中心とした舞台活動を行なっている。その他にもラジオ番組のパーソナリティのほかレコードも数多くリリース。

テレビアニメでは1965年の『宇宙パトロールホッパ』の主人公ジュン役がデビュー作となる。

やなせたかしさんに出会う

アンパンマンの生みの親、やなせたかしから「セクシーな声」と形容される

アンパンマンに登場するバイキンマンの声を担当

『それいけ!アンパンマン』のキャラクター・ばいきんまんが喜びを表す時に使う「ハ・ヒ・フ・ヘ・ホー」やアンパンマンを皮肉る時に発する「お邪魔虫」の声は中尾のアドリブによるものである。

「ばいきんまん」の独特なだみ声は、元々は遊び半分から出した作り声であり、喉への負担が一番大きい。しかしその声が非常に好評となり、加えて番組が放送25年を超えるロングランとなったため、中尾は現在に至るまでその発声の維持に苦しむことになった。

ドラゴンボールZの「フリーザ」の声も担当

『ドラゴンボールZ』では悪の帝王・フリーザを担当。これは経歴の中でも、はまり役として紹介されることの多いキャラクターの1つである。中尾はフリーザを見た時、時代劇の公家をイメージしたと語る。

劇場版ではフリーザの兄クウラも担当、中尾は「フリーザの延長線上にいるキャラクター」と解釈し、かなり自由にやらせてもらったという

2009年より放送された再編集版『ドラゴンボール改』においてもフリーザを再び担当、リハーサルを見て自分が現れる以前に「面白い」と思ったと話している

1