「ばいきんまん」の独特なだみ声は、元々は遊び半分から出した作り声であり、喉への負担が一番大きい。しかしその声が非常に好評となり、加えて番組が放送25年を超えるロングランとなったため、中尾は現在に至るまでその発声の維持に苦しむことになった。

出典中尾隆聖 - Wikipedia

前へ 次へ