1. まとめトップ
  2. 雑学

なぜあんなに愛されるのか、上島竜兵に学ぶ慕われる4つの秘訣

テレビから愛されていることが伝わってくる。そんな上島さんの魅力そして人望の秘訣を考察してみました。

更新日: 2013年07月02日

11 お気に入り 36944 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

bik0148さん

本名:上島 龍平
生年月日:1961年1月20日
出身地:兵庫県
芸歴:テアトルエコー養成所出身・青年座(’81年55月)・’86年3月太田プロに所属
ものまね:野村沙知代・野村監督・中尾彬・秋元康・橋田寿賀子・山城新伍・
和泉節子・細木数子
趣味:プロレス・野球観戦・野球(竜兵会)
サイズ:162cm 83kg 頭廻り58cm
B92 W90 H92 F26

有名な芸能人ファミリーの一つ「竜平会」

上島竜兵【社長】《豚の死骸》
別名「太陽さま」。

肥後克広【副社長】《しぼりカス》
ダチョ・リブレ内でもダチョウ倶楽部の時と同様「リーダー」と呼ばれる。「ゴーヤ様」とも。

土田晃之【広報部長】《理屈しゃくれ》

有吉弘行【チンピラ社員】

デンジャラス ノッチ【リストラ候補】《取り柄なし人間》

デンジャラス 安田【総務部長】《万引き》

ヤマザキモータース【庶務担当課長】《羽の取れた蛾》

インスタントジョンソン すぎ【新入社員】

劇団ひとり【独立成功のヤリ手社員】《おしゃれパジャマ1980円》

島崎和歌子
唯一の女性メンバー
など

《有吉弘行がつけたあだな》

お笑い評論家のラリー遠田は「上下関係よりも対等な関係。縦のつながりよりも横のつながり。尊敬よりも信頼。」という関係はお笑い界で確固たるポジションを確立した、竜兵会が今の位置にいる意味は意外と大きなことだと評した。

愛されっぷりが凄い

大野智や松岡昌宏などドラマ『怪物くん』で共演したメンバーとは今でも交友があり、大野のために今までしてこなかった携帯のメールを覚えた

芸能界でも後輩にあたるにも関わらず、「松兄(まつにい)」と呼んでおり、それに対し松岡は上島のことを「竜ちゃん」と呼んでいる。

1:自分をしっかりと理解する。

人には得意分野がある。だからオレは熱湯風呂に入るんです

『ビートたけしのお笑いウルトラクイズ』のころから、身体を張ったリアクション芸人のイメージが定着しました。

お笑い芸人はみんな、自分の笑いを探していくものなんだと思います。

熱湯風呂やおでん芸では、オレのほうが勝てそうな気がするんです(笑)。あの志村けんにも、ですよ。それってすごいことじゃないですか。

やりかた次第では、“志村けん”にも勝てるはず。自分の強みを活かすことで変わりのきかない存在を確立しました。

2:芸に関する考え方(軸を持っている)

「笑われようと、笑わせようと、そこに笑いさえあれば、変わりはない」

お笑い芸人の有吉弘行さんのTwitterに投稿された語録から

「リアクション芸人がトーク上手くなったら終わりだよ!」

3:強がるだけではなく弱みも見せる。

ネタと思われるが、後輩芸人を飲みに連れて行った際に先輩として悩み事を聞いてやるはずが、酔いが回るにつれ逆に後輩芸人に対して「俺はこれからどうすればいいんだ!」と泣いて苦悩を吐露することがある。

上島は「手に汗握ったね。本当に泣きました。感動しましたよ」と、目にうっすら涙を浮かべて指原を祝福した。

同じ所属事務所の後輩であるHKT48・指原莉乃が第5回AKB48選抜総選挙で見事1位を獲得したことを受けて。

4:突っ込みたくなる(隙をみせる)

1 2