1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

【意外な事実】ジューサーで作る野菜ジュースは栄養がほとんどない?その理由と対処法

ジューサーで作る生絞りの野菜ジュースは健康に良さそう。でも作り方を間違えると栄養はほとんどないそうです。なぜ?

更新日: 2013年06月29日

848 お気に入り 411395 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

rui61さん

ジューサーで作る生絞りの野菜ジュースは健康に良さそう。でも作り方を間違えると栄養はほとんどないそうです。なぜ?

高速ジューサーでは、おろし金が高速で回転することで熱を発するため、ビタミンや酵素が失われてしまうのです。

酵素は熱に弱く約42~70℃で破壊されます。つまり、野菜、果物、肉類、魚介類を加熱して調理すると、その中に含まれる酵素は破壊されてしまうのです。

野菜に含まれるビタミンには、熱に強いもの(ビタミンA、Eなど)と弱いもの(ビタミンC、B1など)があります。

■ジューサーってそんなに熱を発するの??

一般的な高速回転ジューサー(1分間に4000~12000回転)では加工時に摩擦熱が発生し、酵素や重要な栄養素が壊れてしまうのです。

普通のジューサーは、高速回転するカッター刃が、野菜や果物を粉砕しています。この時、摩擦熱が発生し、瞬間的にジュースは50度近い温度になります。

■そもそも酵素ってなに?

消化や代謝、はたまた食品の中に含まれて発酵を助けるなど、さまざまなはたらきのある酵素

酵素は食物の栄養を
エネルギーに変える働きがあります。

酵素をちゃんと取らないと
せっかく摂取したビタミンや食物繊維とかの
栄養素がちゃんとエネルギーに変わらないのです

■どうすればジューサーで酵素を取る事ができるの?

高速回転するカッター刃ではなく、一分間に80回転するスクリューで、圧縮しながらじっくり搾りますから、熱を発することなく、酵素を生きたまま搾れるのです。

低速回転のメリットは、栄養素が壊れにくいこと。実際に栄養素を計測すると、リンゴの場合ポリフェノールが約47%、オレンジの場合ビタミンCの残存量が約20%多いとのこと。

■みんなの声は?

低速ジューサーを始めて2年、毎朝だいたいこのくらいの野菜と果物をスロージューサーで搾っています。 instagram.com/p/aPCUArP828/

びっくり!今日お世話になっている歯医者さんに行ったら、低速ジューサージュースの朝食6週間で10kg痩せたそうです。お肌も美白になった(衛生士さん談)... fb.me/teT8vkwc

#ケール の凄さを実感。 初めて低速ジューサーで絞ったのですが、カスを見てビックリの繊維質。これでパンを作りましたよ。 ケール、毎日食べたい。#青汁 pic.twitter.com/LekkxHUZGc

今日はリンゴと人参買ったから、低速ジューサーで飲む!殿方が帰ってきてからネ。

今朝も低速ジューサーでフレッシュジュース・・りんご・にんじん・キャベツ・パセリ・大根・小松菜・キウイ・ぶどう・トマト・レモンいり・・朝の一杯は、体にしみる~ ow.ly/fyNze

今朝はセロリで風味Maxな低速ジューサージュース!今日はグレープフルーツを買って帰ります☆ campl.us/poxr

おはよーございます今朝の低速ジューサーにはをたくさん。この酵素ジュース飲み始めてから、努力なしに体重が1.5落ちました pic.twitter.com/u2xwj5Gyyv

別に私は低速ジューサーの回し者ではないのであしからずw

■食べ物関連まとめ

1 2





このまとめへのコメント1

  • リア充子さん|2013.06.28

    体内に酵素を作りたいなら熱処理したほうが酵素の元となる栄養素を吸収できますよ。ビタミンCはどのような調理でも失われますがいろんなものに含まれてるのでそんなに神経質にならなくていいです。人参はカロテンのため、油で加熱した方がいいです。

1