1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

【初めての出産】痛みが少ないって本当?妊婦さんのためのリーブ法とは

リーブ法という出産方法があるようです。参考までにまとめてみました。最終的な出産方法はお医者様とご相談を。

更新日: 2013年06月28日

719 お気に入り 183229 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

うさGさん

リーブ法って?

リーブ法とは、妊娠中の健康維持や出産の際にリラックスできるよう中国の気功法を取り入れ開発された呼吸法で、よいお産には欠かせない

リーブ(RIEB)は、安産の4要素、リラックス(R)、イメージング(I)、エクササイズ(E)、呼吸(B)の頭文字から。

日本の妊婦さんのための東洋的リラックス出産法

東洋的な考え方で、今ある自分を受け入れる。陣痛もいやなもの、排除するものではなく、生産的なものとして受けいれる。

ラマーズ法やソフロロジー法と違い、日本人グループが作った新しい時代の分娩法として当時から注目されました。

リーブ法は、中国の気功法にヒントを得た、現代の日本の妊婦さんのためのリラックス出産法です。

イメージトレーニングで赤ちゃんとの交流をする

イメージトレーニングや呼吸法の練習とともに胎児との心の交流を重視しています。

腹式呼吸と「赤ちゃんと一体になってお産を乗り越える」という積極的なイマジネーションにより、分娩を進める安産法です。

気功の3要素である調身(気の流れやすい姿勢)、調息(気の流れやすい呼吸)、調心(気の流れているイメージ)に基づいて、心身の弛緩、イメージ訓練、練習、ゆったりとした腹式呼吸を基本手技としています。

不安、痛みが少なくて胎教にもいい・・・?

気功で意識を集中することによって、不安が取り除かれ、精神的にも安定し、胎教にも役立ちます。

1