1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

解禁早々ナナメ上にいってるニッポンのネット選挙

今回の参院選では、各政党が本格的にインターネットやソーシャルメディアを活用した選挙活動を開始しました。ゲームからゆるキャラを使ったWebサイト、AR技術やアイディアコンペまで、想像のナナメ上を行く試みが続々と始まっています。

更新日: 2013年07月01日

76 お気に入り 58326 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

スコーレさん

自民党×ゲームアプリ

自民党は、最新情報などを集約した「自民NEWS」と、安倍首相がキャラクターとして登場するゲームアプリ「あべぴょん」を公開

電子パンフレットビューワーや音声によるコミュニケーションアプリも順次公開予定。

「自民NEWS」は、自民党に関する最新情報を集約したアプリ

政策に関する情報やFacebookページのフィードなどをリアルタイムに更新。全国の候補者の情報を検索すると、公式サイトやSNSアカウントへのリンクも掲載。

「あべぴょん」は安倍首相をモチーフとしたキャラクター「あべちゃん」をより高くジャンプさせるゲーム

到達した高さによって「青年局長」「大臣」などの肩書きで結果が示され“出世”していく。

自民党公式アプリ「自民NEWS」がリリースされました。このアプリにはARが仕掛けてあり、自民党ロゴをスマホでかざすと安倍首相のメッセージ動画が閲覧できます。 なんとこのARシステムは弊社が制作しています。お試しください!!! itunes.apple.com/jp/app/zi-minn…

民主党×LINE

民主党では、選挙までの間、何回かに分けてLINE上で有権者の声を集める企画を実施

有権者のメッセージを募集、集約して民主党のスペシャルサイトで記事にするなど、有意義に活用するそうです。

LINEのオンエア機能を活用して、有権者の声を聴くオンラインイベント。第1回目のテーマは、『あなたはどんな働き方をしたい?』

6月28日(金)20時~21時、第1回「民主党LINE企画」と銘打って実施されたようです。

ネット上の書き込みから「民意」を解析するツールを運用し、選挙期間中の機動的な選挙活動を指南する支援チームを発足

党の特設サイト「声!」の書き込みから、有権者の関心事や民主党の政策に対する反応などを解析し、結果を候補者にレポートする

本格的な解析をするために、専用の解析ツール「声!ダッシュボード」を新たに開発したという。

ようやくヤル気を見せてくれたところは評価したい。他の万年野党の皆さんも、負けじと頑張ってもらいたい。 : 民主党が参院選に向け「LINE」などでネット選挙活動、ネットの「民意」解析ツールも運用:ITpro 1topi.jp/curator/toshik… #1tp

共産党×ゆる〜いWebサイト

ネット選挙解禁で生まれた、日本共産党の特命PR部「カクサン部」。ゆる〜い姿の、ゆかいな党員たちが集まったこの部の使命は、「ただしい政策、たのしい政治」を、世の中に「カクサン(拡散)」すること

ゆるキャラが政策を解説する「3分でわかる!? 政策講座」や、ゆるキャラが政治家にインタビューする「あなたの想いをカクサ〜ン!」など、コンテンツが満載

ネット選挙解禁後の共産党のサイトが、話題になってるので見に行ったら、なかなかのセンスでしたw 日本共産党 カクサン部 jcp.or.jp/kakusan/

なんか共産がいい意味で柔らかく(壊れてるとも)なってきてる気がするw 日本共産党 カクサン部 jcp.or.jp/kakusan/

公明党×アプリ

公明党の注目記事や動画をスマホでいつでも手軽に確認できる「公明アプリ」

党関連のニュースに加え、党公式フェイスブック・ページや党所属議員のツイッターで情報を共有したり、意見交換することができる

選挙情報、アニメによる政策解説などのコンテンツなども配信しているようです。

1 2