現在バイオフォトンと呼ばれている発光が確認されたのは1960年代の光電子増倍管の発明以降

出典バイオフォトン

光電子増倍管(高感度光検出器)によって、あらゆる生物のあらゆる器官からフォトンとして観測されるほど弱い光が恒常的に観測されることが知られるようになりました。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

僕らはみんな光っている!カラダの不思議な発光現象

「僕らはみんな光ってる」…何かの比喩?いえいえ、そうではありません。人間含む生物は、みな「バイオフォトン」という現象によって自ら発光しているようなのです。

このまとめを見る