1. まとめトップ

中国人に乗っ取られたカナダ

カナダ・リッチモンド市は人口20万人未満の小都市であるが、60%以上をアジア系住民が占め、中でも中国系住民は総人口の43.6%にも達している。

更新日: 2013年06月29日

toctoctocさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
18 お気に入り 77127 view
お気に入り追加

中国人に乗っ取られた街

同市は人口20万人未満の小都市であるが、60%以上をアジア系住民が占め、中でも中国系住民は総人口の43.6%にも達している。

金で買える永住権

投資ビザ
必要条件の概要 (2012年時点での現行基準):

1. 保有資産額:
本人及び、配偶者名義で 160 万カナダドル相当の資産を保有されていること。資産は銀行預金 (= カナダドル以外の通貨も可)、証券投資、株、不動産、保険積立、企業年金積立等を含む。企業経営の方は事業資産、Book Value も計上可。
(⇒ 160万カナダドル ⇒ 約 1 億 4 千万円相当。)

2. 投資額:
ビザ認可確定時に 80 万カナダドル、または 18万カナダドルをカナダ政府 (= カナダ政府指定のカナダ国内の銀行) に投資を行う。80 万カナダドルの投資金はカナダ政府により五年後の返還が 100% 保証されます。18 万カナダドル投資の場合は返還はありません。
 
3. 専門職または管理職経験:
直近の過去五年の内、二年以上企業管理職、クリニック経営、病院、会社経営、専門職 (= 医師、弁護士、税理士等)、または自営業でおられたこと。専門職、管理職 (または経営者) としての職責、職務内容が審査されます。経営者の方の場合は売上額等も審査されます。

4. その他、Medical Check:
重大な犯罪歴が無く、カナダ移民局指定の病院 (= 日本国内、または世界各国の主要都市に所在) に於いて健康診断を受診、パス (= 通常の健康的生活が遂行できることの確認) されること。

http://tcpm-21.com/newpage30.html

既に時遅し

金持ち中国人に寛大だったカナダの投資移民プログラムですが、中国からの移民が増えすぎ、現在無期限停止中。

マナーや常識がなく、タン吐き、信号無視、公共空間でタバコを吸い大声で話す、何でも裏口とコネで解決しようとする…などなど中国人の悪習に眉をひそめる人は多い

”文化の違い”でやりたい放題

パスポートは外国人になっても、彼らはあくまで「中国人」。あの手この手の「やりたい放題」で、現地人を駆逐し、世界中に「もう一つの中国」を作り続けている。

リッチモンド市は人口の半数かそれ以上を中国系が占めている。すでに街の看板は中国語がメインで、英語の方が小さい。元日系スーパー「ヤオハン」の買い物客や、フードコートで軽食を取る人たちの九九パーセントが中国系という有様だ。

「中国で贈収賄の容疑をかけられ、大金を抱えてリッチモンドに逃げ込んできた中国人親子がいます。ボンクラ息子はBMWを買ってもらい、同じような中国人の仲間と、夜中にカーレースをやり、途中で、警察官をひき殺してしまったんです。これまで、平和で安全だった街が……と、住人らは少なからずショックを受けました」

「中国人は洋式トイレで用が足せないらしく、便座の上にまたがってやるから、便座に靴跡が残るんです。さらに、水洗の習慣がないので、流さないから、トイレが異様に汚くなる」

故郷から逃げ出す中国人

「私は子供を英国に送り出したいが、オックスフォード大学やケンブリッジ大学に子供が入れるなどとは期待していない。私が望んでいるのは、私の小さいころと同じように、子供が1人で登下校でき、知らない人にあっても恐怖せずに親の送り迎えが必要ない環境。また、ごった返すほどの車もなく、運転手は歩行者を優先し、教師に賄賂を贈らなくても良いそんな場所で子供を育てたいだけだ」。

1 2





toctoctocさん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう