実際にセットの中に入ってみると「私が薬を作る、“調合場”って言うんですかね。そこのどれをとってもテンションが上がる物が揃ってたるので、その空気の中で自然と自分が魔女で、これで人を救える薬を作っているって感情が生まれました」

出典キキの母に宮沢りえ 『魔女の宅急便』の世界に「テンションが上がる!」 (cinemacafe.net) - Yahoo!ニュース

役作りも撮影の中で役を作り上げていったそうだ。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

宮沢りえ、実写版『魔女の宅急便』キキの母役に決定!!

宮崎駿監督が手がけた「魔女の宅急便」。その実写映画『魔女の宅急便』が来年の春に公開となるが、主人公・キキの母親役を宮沢りえさん、父親役には筒井道隆さんが抜擢されたことが決定しました。

このまとめを見る