1. まとめトップ
  2. IT・ガジェット

携帯・スマホで人物をモデルのように美しく撮れる簡単テクニック

携帯電話やスマートホン、コンパクトデジタルカメラで誰でも簡単にでき、人物(特に女性)を美しく魅力的な写真が撮れるテクニックまとめです。

更新日: 2013年07月13日

1062 お気に入り 165440 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

RX200さん

コミュニケーションと少しの気配りで、もっと素敵になる

人物撮影で最も重要なことは「表情」です。いくら高性能な一眼レフで綺麗に撮っても表情が硬いとイマイチな写真になってしまいます。会話を交えてリラックスした上で、アングルや光の向き、人物との距離などを少し意識すると、携帯電話やスマートフォン、コンパクトデジカメでもプロがモデルさんを撮ったように魅力的な写真を撮ることができます。具体的な撮影法を失敗例と成功例を交えて解説付きで紹介します。

人物撮影の基本は、会話によるコミュニケーション

いくら構図に凝っていても表情が硬く、緊張した写真に。

撮る側も撮られる側もリラックスでき、自然な表情に。

撮影中はもちろんのこと、撮影前にも時間をかけてあれやこれやとコミュニケーションを取ることが重要です。

会話などのコミュニケーションで気持ちをリラックスさせることで、自然な目線を向けて貰えるようになります。そして、できるだけ沢山の枚数を撮影しましょう。

手に動きをつけて撮影する

顔は微笑んでいるが、全体の表情が乏しく証明写真のような印象に。

笑顔が強調され、生き生きした雰囲気が伝わる写真に。

カメラから目線を外す

カメラ目線の写真は人物撮影の基本ですが、真正面だと記念写真のような印象に。

目線をカメラから外すことで印象的な写真に。あえて目線を外すと、ぎこちない表情になりやすいので自然な瞬間を撮るようにしましょう。

光源の位置を意識して撮る

肌の色が暗く、凹凸がはっきりした写真に。

明るく、なめらかな肌の質感に。
明るくなりすぎないように気をつけましょう。

外で撮る場合や室内で光源を使って撮る場合は、逆光に気をつけなければなりません。

人物に少し角度をつけて斜めから撮影する

肩幅に両腕がプラスされて太く見える写真に。

全身を写すときは人物の腰より下の位置から撮る

頭が小さく、足が長く写りスタイルの良い写真に。

少し離れて望遠側で撮影する

1 2





このまとめへのコメント2

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

1